スニーカー

【雨の日に】土砂降りにも耐えられる防水ブーツ『ブランドストーン』レビュー

今回は土砂降りにも耐えられる防水ブーツ『ブランドストーン』を紹介する。 なんだかんだ言って日本は雨大国だ。 せっかくお洒落してでかけても、靴の中に雨が染み込んできたらテンション爆下がり。 ブランドストーンのブーツを手に入れたことで、俺はこの不快感に襲われる心配から開放された。 土砂降りに耐えられるスニーカーはない 俺は過去にいくつも防水シューズを試してきた。 最近まで、雨の日に履くシューズの最適解は「エアフォース1」だったんだけど、とある土砂降りの日、その説は見事に流れ去った。 家から駅まで歩いただけで「 ...

カニエ、アディダスやめるってよ【契約解消でイージーブースト終了】

2022年10月25日、アディダスはカニエ・ウェストとのパートナーシップ連携を解消すると発表した。 これはつまり、「イージーブーストシリーズ」の終焉を意味している。 2015年に始まり近年のスニーカーブームの起爆剤となった「イージーブースト350」をはじめ、多くの人々を魅了してきたイージーブーストの終了には突然のことすぎて俺は衝撃をうけている。 イージーブースト(Yeezy boost)とは? 「YEEZY BOOST(イージーブースト)」は、2015年2月12日に、ニューヨークファッションウィークで発表 ...

【2022年9月新作】イージーブースト350v2の最新情報!時代遅れでダサい?

今回は、2022年9月現在の「イージーブースト350v2」の最新情報と、イージーブーストの現状について紹介する。 2022年9月30日発売の新作! 『YEEZY BOOST 350 V2 FLAX』について 今回は9月30日発売予定の『YEEZY BOOST 350 V2 FLAX』を紹介する。 俺が2021年の12月にイージーブースト350v2を購入した時は30,800円だったから、この1年ほどで1,100円ほど値上がりしている。 物価はどんどん上がっている(時事ネタ) 『YEEZY BOOST 350 ...

【2022年最新版】身長が盛れるメンズの厚底スニーカー6選【低身長男子の味方】

今回は身長が盛れるメンズの厚底スニーカーを6つ紹介する。 限定品やプレミア品など、手に入りにくいスニーカーは避けて選んでいるから、気になるスニーカーがあったら明日からでも取り入れてほしい。 身長が高いほうがモテる、は事実 @h.yun_b まずはじめに、残酷な現実をお伝えする。 「身長が高いほうがモテる」は事実だ。 昭和〜平成〜令和と時代が移り変わってもこの事実は変わらない。なぜなら生物学的な本能の部分で女性は身長が高い男性に魅力を感じるようにできているからだ。 身長は努力しても伸ばせない 残酷なことに身 ...

身長が盛れる!厚底コンバースオールスター(ハイカット)を購入レビュー【履き心地&サイズ感】

今回はファン待望の「厚底コンバースオールスター」が登場したから、購入してレビューする。 通常の販売価格よりも1,500円ほど安く買うことができる裏技も紹介しているので、よかったら最後まで読んでほしい。 韓国で大人気!流行りの厚底コンバースが遂に日本に! ここ数年、メンズ・レディース問わず「厚底スニーカーブーム」が続いている。 特に韓国では人気アイドルやインフルエンサーが積極的にコーディネートに取り入れたことによって厚底スニーカーの人気が爆発している。 韓国では『Run Star Hike』が大人気! 韓国 ...

「HOKAONEONE(ホカオネオネ)」の新作『BONDI(ボンダイ)8』を実店舗で試着!履き心地とサイズ感をレビューする

今回は、「HOKAONEONE(ホカオネオネ)」の新作『BONDI(ボンダイ)8』を渋谷ミヤシタパークのポップアップストアで試着してきたから、店員さんに教えてもらった『BONDI(ボンダイ)8』の特徴を含め、履き心地とサイズ感をレビューする。 渋谷ミヤシタパークのポップアップストア店内の様子 渋谷ミヤシタパークにて期間限定(7/1~9/25)で「HOKA RAYARD MIYASHITA PARK POP UP STORE」が出店されている。 ちょうど渋谷で予定があったから、ふらっと立ち寄ってみた。 ホカ ...

あの神スニーカー、ホカオネオネの新作『BONDI(ボンダイ)8』について【発売日&ボンダイ7•6との違い】

俺がこれまでの人生で最も買ってよかったスニーカー「ホカオネオネ ボンダイ」の新作が出たらしい。 そんなわけで、今回は『BONDI(ボンダイ)8』を徹底解説していく。 ホカオネオネが誇る神スニーカー『BONDI(ボンダイ)』とは 『BONDI(ボンダイ)』は、アメリカのシューズブランド「HOKAONEONE(ホカオネオネ)」から発売されているランニングシューズ。 元々はアスリート用のランニングシューズとして開発されたが、その特徴的な分厚いソールと、卓越した履き心地がファッション業界でも話題となり、ここ数年で ...

時代遅れでダサい!?バレンシアガのスニーカーを解説【スピードトレーナー・トリプルS・トラック・ボロボロ】

今回は「時代遅れでダサい」とかいう不名誉な評判が飛びまくっている、あのバレンシアガのスニーカーについて解説していく。 バレンシアガのスニーカーが時代遅れでダサいと言われる理由 バレンシアガは、スペイン人のクリストバル・バレンシアガによって1917年に設立されたファッションブランド。 現在は、ヴェトモンの創設者デムナ・ヴァザリアがアーティスティック・ディレクターを勤めており、伝統と挑戦心を併せ持つ世界最高峰のファッションブランドの一つだ。 そんなバレンシアガのスニーカーが時代遅れでダサいと言われる理由は下記 ...

【女子ウケ】ダサくないYEEZY BOOST(イージーブースト)10選【歴代モデルから厳選】

今回は女子ウケを考慮した「ダサくないイージーブースト」を紹介する。 「YEEZY BOOST(イージーブースト)」とは? 「YEEZY BOOST(イージーブースト)」は、2015年2月12日に、ニューヨークファッションウィークで発表された、アディダスオリジナルズとカニエ・ウェスト(ラッパー)とのコラボレーションライン。 2019年頃まで続いた第2次スニーカーブームの火付け役で、毎回発売と同時に即完していた。全盛期は発売当日、アディダス公式のオンラインサイトがアクセス過多でサーバーダウンするほどの人気ぶり ...

『イージーブースト350V2』と『ホカオネオネ ボンダイ6』の履き心地比較

今回は『イージーブースト350V2』と『ホカオネオネ ボンダイ6』の履き心地を比較&対決する。 これぞ履き心地の頂上決戦。 【結論】『ホカオネオネ ボンダイ6』の方が履きやすい 結論から言うと、俺は『ホカオネオネ ボンダイ6』の方が履きやすいと感じた。 忖度は一切していない。 この一週間『ホカオネオネ ボンダイ6』と『イージーブースト350V2』を交互に履き比べて得た俺の正直な感想だ。 どうしてこの結論に至ったのか、詳しく解説していく。 『YEEZY BOOST(イージーブースト)350V2』とは? この ...

【検証】ベトナムで買った偽物の『イージーブースト350v2』と本物を履き比べてみたら意外な結果に!!

今回はベトナムで買った偽物の『イージーブースト350v2』と本物の『イージーブースト350v2』を履き比べてみた感想を共有していく。 未発売カラーの偽物が出回るとかいう闇【偽物のイージーブースト350v2の存在】 今回、比較対象になるのは4年前にベトナムの靴屋さん(パチモン街)で購入した『イージーブースト350v2”Dark Green”』だ。 実はこの「ダークグリーン」というカラーは発売が噂されたものの発売には至らなかった伝説のカラーなんだ。 要するに、このカラーのイージーブースト350v2は間違いなく ...

『イージーブースト350V2』失敗しないサイズ感の選び方

今回サイズ感の失敗をせずに『イージーブースト350』を購入する方法を紹介する。 イージーブースト350はサイズ選びが激ムズ 周知の事実かとは思うけど、イージーブースト350はサイズ選びが難しい。 普通のスニーカーのサイズ感をイメージして購入すると面を食らうことになる。 よくある落とし穴として、「プライムニットだからちょっとくらいサイズが違っても足に馴染むでしょ!」という考え方がある。 これは大きな間違いだ。 いくらプライムニットが伸縮性に優れていると言っても、スニーカーの元の長さは変わらない。 足の形が浮 ...

憧れのイージーブースト350v2を遂に購入!『YEEZY BOOST 350 V2 MX ROCK』を購入した感想とサイズ感レビュー

今回は遂に憧れの「イージーブースト350v2」を手に入れたからサイズ感もろもろ含めてレビューしていく。 イージーブーストはダサい?!そんなの関係ねぇ(小島よしお風) 昨今「イージーブーストのオワコン化」が叫ばれている。「イージーブーストはヤンキーしか履かない説」まで登場する始末だ。 実際、これらはほぼ正解だ。新作が発表されるたびにアディダスの購入ページがパンクしていたあの頃の盛り上がりは見る影もない。 さらになぜか”ヤリラフィー”と呼ばれる怖そうなお兄さんたちが好んで履くようになってしまったからイージーブ ...

再販されたせいで価値が下がったイージーブースト350まとめ【ゼブラ・ベルーガ・トリプルホワイト】

今回は再販されたせいで価値が下がった不遇なイージーブースト350を4種類紹介する。 人気スニーカーの再販はファンにとって必ずしも喜ばしいことではない 人気スニーカーの再販はファンにとって必ずしも喜ばしいことではない。 というのも、人気スニーカーが生まれる背景は”弾数”の少なさが大きく関係しているからだ。 ”希少性”がさらに人気を呼ぶ 需要に対して供給が極端に少ない状態に陥ることで市場原理が働き”プレミアム”という概念が生まれる。 ダイヤモンドが道端に転がっているよくある石ころだったらいくら綺麗な輝きをして ...

【2021年版】奇抜!!ダサいを通り越してカッコいい!?最新のYEEZY(イージー)シリーズを紹介!

今回は2021年に発売された最新のYEEZY(イージー)シリーズの中でも特に異色オーラを放つ2種類のモデルを紹介していく。 YEEZY(イージー)シリーズの進化が止まらない! YEEZY(イージー)シリーズといえば、過去にこのブログでも紹介したイージーブースト350が有名。 しかし、最近のYEEZY(イージー)シリーズはこれまでのスニーカーの概念をぶっ壊すような奇天烈なスニーカーを数多く発売している。 今回は、そんなYEEZY(イージー)シリーズの中でも特に俺がイケてると思うスニーカー達を紹介していく。 ...

【靴屋泣かせ】GUのジョグスニーカーが神すぎた件【サイズ感&レビュー】

今回はGUのジョグスニーカー(税込み2,990円)を購入してきたからサイズ感、着用感をレビューする。 『ジョグスニーカー』とは? ジョグスニーカーの「ジョグ」とは「ジョギング」のこと。 つまりジョグスニーカーとはジョギングに適したスニーカーという位置づけなんだ。 『ジョグスニーカー』はGUのオリジナル名称 ちなみにこのジョグスニーカーという名称はおそらくGUが作ったオリジナルの名称であり、ニュアンス的には近年流行していたダッドスニーカーに近いものだと思って良い。 決してスポーツに特化したランニングスニーカ ...

【100万円超え】履けないスニーカー『バーチャルスニーカー』の価値とは何なのか

今回は話題の『バーチャルスニーカー』について解説しつつ、俺なりの意見を述べていく。 『バーチャルスニーカー』とは? バーチャルスニーカーとは文字通りデジタルの世界でしか存在しないスニーカーだ。 実際に手に取ったり履いたりすることはできない。 ただの画像データではない デジタルと聞いて「なんだ、ただの画像データだろ?」と思った人もいるだろう。しかし、バーチャルスニーカーはNFT(非代替性トークン)と呼ばれる技術を用いて作られている。 NFT(非代替性トークン) 一般的にデジタルデータと聞くと「コピー&ペース ...

ホカオネオネのボンダイ6が最強のスニーカーである理由【HOKA ONE ONE BONDI 6】

今回はホカオネオネのボンダイ6が最強のスニーカーである理由を解説する。 『ボンダイ6』はあらゆるシーンで活躍する 俺は『ボンダイ6』のヘビーユーザーだ。 女の子とのデートからヨーロッパ周遊旅行に至るまでありとあらゆる場面を『ボンダイ6』と過ごしてきた。 ギリシャ・アテネのオリンピックスタジアムにて つい先日開催されて大きな波紋を呼んでいるオリンピック。上の写真はそんなオリンピックが始まりの地での一枚。 満面の笑みで映る一年半前の俺が映っている。そんな俺の足元は『ホカオネオネ ボンダイ6』。 ユーラシア大陸 ...

コスパ良くオシャレに魅せられるアイテム3選【メンズファッション】

今回はコスパ良くオシャレに魅せられるメンズのファッションアイテムを3つ紹介していく。 この記事を読めば分厚いファッション誌を隅から隅まで読まなくてもお洒落キャラの地位を確立できるはず。 コスパ良くオシャレに魅せられるアイテム 『黒色のスラックスパンツ』 https://www.uniqlo.com/ まず初めに必ず手に入れて欲しいのが黒のスラックスだ。 ファッションを考えるにあたってはなぜかトップスに注目が集まりがちだが実は違う。パンツ(ズボン)が一番大切だ。上裸で街に出ても捕まらないけどズボンを履かずに ...

『Newbalance(ニューバランス)』の高級モデルスニーカーまとめ【M996/M990/M1400/M992】

今回はニューバランスの高級モデルのみにフォーカスしてまとめていく。 ニューバランスといえば国民的スニーカーでキッズからおじいちゃんまでユーザー層はかなり広い。一時期オタクの靴なんて言われていたけど、それは過去の話。オタクだってエアマックスを履く(そっちじゃない) 高級ニューバランス『M996』 もしあなたが写真を見て「なんだ、ABCマートで見かける安いやつじゃん」と思ったならそれは間違いだ。 「M996」は定価27,500円の高級モデル。そう、こいつは「USA製復刻モデル」なのだ。 知らない人からするとA ...

© 2022 リファインマガジン Powered by AFFINGER5