〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

最強のヘアアイロン『ADST(アドスト)DS』を9年使った感想&レビュー【偽物に注意】

2022年3月10日

今回は俺が9年間使っている最強のヘアアイロン『ADST(アドスト)DS』について紹介する。

どの記事よりも詳しく、そして愛を込めて書いたから購入を検討している人は是非読んでほしい。

ファッションを切り口にした生活改善情報を発信中!
【SNS⇒ YouTubeInstagramTwitter
最近はインスタをぼちぼち更新してます!

俺と『ADST(アドスト)DS ヘアアイロン』の出会い

俺と最強のヘアアイロン『ADST(アドスト)DS』の出会いは今から9年前、俺が中学3年生だった頃まで遡る。

『ADST(アドスト)』に興味を持ったきっかけは、行きつけの美容室で縮毛矯正をした時に美容師さんが使っていたのをみて憧れを持ったことからだ。早速調べてみるも、なんと価格は2万円超え。

それでもなんとかお金を工面してAmazonで購入した。

Amazonでの初めての買い物が『ADST(アドスト)』のヘアアイロンだった

上記の画像はAmazonの注文履歴のスクショ。注文日が2013年1月になっていて、時の流れる早さに驚いている。

ちなみに、この『ADST(アドスト)DS』がAmazonでの初めての買い物だった。震える手でiPodtouchの注文画面をポチったのが懐かしい(笑)実に感慨深い。

『ADST(アドスト)』のヘアアイロンとは?

『ADST(アドスト)』は株式会社ハッコーという日本の会社が制作しているヘアアイロンのブランド名。

ハッコーは「ヘアーアイロン」のパイオニア

1962年設立の同社は、なんとヘアアイロンのパイオニア!

60年代当時は今の”ヘアアイロン”という概念はなく、美容師さんがニクロム線と濡れタオルで温度を調節しながら使用していたそう。意味が分からないレベルで使いにくそう(笑)

そのありえないくらい使い勝手が悪い状態を打破するため、株式会社ハッコーが開発したのがセラミックヒーターとIC回路で温度制御ができる現在のヘアーアイロンだった。

『ADST(アドスト)』ヘアアイロンの最新ラインナップは5種類

『ADST(アドスト)』ヘアアイロンの最新ラインナップは5種類だ。

ヘアアイロン界のレジェンドは今尚、業界の最前線で活躍している。

『ADST(アドスト)DS』と『ADST(アドスト)DS2』の違い

『ADST(アドスト)DS』と『ADST(アドスト)DS2』の違いは2つだけ。

  • 上部プレートの表面に施されたプレッシャーサークル
  • カラーリング(DS2はオレンジ色)

ぶっちゃけ違いはプレートの溝の形だけ。ちなみに、『ADST(アドスト)DS2』はプレッシャーサークルに髪が引っかかるという口コミもあったんだけど、俺はそんなに感じなかった。

『ADST(アドスト)DS』と『ADST(アドスト)DS2』の違いはほぼ無いと言って良いと思う。

カラーリングが好みな方を選んでほしいが、特にこだわりが無ければ価格もほぼ変わらないから最新版の『ADST(アドスト)DS2』を選べばいいと思う。

基本、ガジェットの類は最新版の方が性能が良いのが世の常。

『ADST(アドスト) ヘアアイロン』の最大の特徴は「バイコート加工」のプレート

『ADST(アドスト)』の最大の特徴は「バイコート加工」のプレートを採用していること。

若干黄みがかった独特の輝きを放つバイコートプレートは他では味わえない滑らかさを実現する。

具体的なバイコート加工の特徴は下記。

  • 高硬度で傷がつきにくい
  • 高い寸法安定性
  • 優れた非粘着性
  • 長寿命
  • 優れた耐圧性

良いこと尽くめのバイコート加工だけど、一般的な安価なヘアアイロンではコストの関係で採用されていない。

バイコート加工されていないヘアアイロンでも十分に使えるんだけど、バイコートプレートにしか出せないツヤと滑らかさがあるから一度使うと他のアイロンが物足りなく感じてしまう。

『ADST(アドスト) ヘアアイロン』の使い方と効果

『ADST(アドスト) ヘアアイロン』の使い方と効果について解説する。

『ADST(アドスト) ヘアアイロン』の使い方

『ADST(アドスト) ヘアアイロン』の使い方は特に難しいことはない。

一般的なヘアアイロンと同じように電源を入れて温度の設定をするだけ。

ただ、一般的なヘアアイロンと比べ物にならないくらい温度上昇が早くて正確だ。「5℃単位」で調節できる。

『ADST(アドスト) ヘアアイロン』の効果

『ADST(アドスト) ヘアアイロン』の効果だが、マジで一発で髪が思い通りになる。

一発で真っ直ぐになるし、一発でカールがつく。

流石に効果高すぎて温度設定を間違えたかと思ったことが何度もあるが、130℃くらいだった。低い温度でもしっかりとクセ付けできるのが『ADST(アドスト) ヘアアイロン』の凄いところ。

『ADST(アドスト) ヘアアイロン』は髪が傷まない?

『ADST(アドスト) ヘアアイロン』は髪が傷まないと思っている人がいるが、それは違う。

正しくは、「傷みにくい」だ。

そもそもヘアアイロンの仕組み上、高温で髪の形を変えているため完全に傷まないなんてことはありえない。しかし、『ADST(アドスト) ヘアアイロン』は他のヘアアイロンに比べて髪へのダメージが少なくて済む。

熱を拡散するスチームドレイン構造、バイコート加工のプレートで滑りをよくすることによる摩擦のダメージ軽減効果によって驚くほど髪の傷みを最小限に抑えることができている。

『ADST(アドスト) ヘアアイロン』はプレートの噛み合わせが凄い

『ADST(アドスト) ヘアアイロン』はプレートの噛み合わせが凄い。

「ヘアアイロンの噛み合わせなんて気にしたこともない」って人は多いはず。

実はこの「噛み合わせ」もアイロン選びの大事なポイントなんだ。プレートの噛み合わせが良いことで挟んだ髪に均等に圧をかけることができ、均一にクセを伸ばすことができる。

神は細部に宿る

家電量販店で売っている安いヘアアイロンを見てみてほしい。驚くほど噛み合わせが悪くて隙間ができているのが分かるはず。

こういう細かい所にこだわっているのが『ADST(アドスト) ヘアアイロン』の凄いところ。

神は細部に宿るとはまさにこのことだ。

『ADST(アドスト) ヘアアイロン』はフェルトガードのパイオニア

『ADST(アドスト) ヘアアイロン』はフェルトガードのパイオニア。

「フェルトガード」はヘアアイロンの周りに貼り付けて火傷を防ぐ役割を持っている。

今でこそ色んなメーカーが取り入れている機能だけど、このフェルトガードを取り入れたヘアアイロンの元祖は『ADST(アドスト)』なんだ。

『ADST(アドスト) ヘアアイロン』は温度上昇が爆速

『ADST(アドスト) ヘアアイロン』は温度上昇が爆速だ。

具体的には、電源を入れてから160℃に到達するまで60秒。

一般的なヘアアイロンに比べて『ADST(アドスト) ヘアアイロン』の温度上昇スピードはかなり早い。

特に忙しい朝にはありがたい仕様だ。

『ADST(アドスト) ヘアアイロン』は頑丈で壊れにくい

『ADST(アドスト)』 のヘアアイロンは頑丈で壊れにくい。

9年間一度も壊れていない

『ADST(アドスト) ヘアアイロン』の耐久性は異次元。9年間一度も故障せず現役バリバリで使えている。

9年間使っている俺が言うんだから間違いない(笑)

『ADST(アドスト) ヘアアイロン』は最も使われている業務用ヘアアイロン

さらに『ADST(アドスト) ヘアアイロン』は現場の美容師さんが縮毛矯正用に使うことが多いヘアアイロンとしても有名だ。

元々『ADST(アドスト) ヘアアイロン』は美容室専売品だった。今はAmazonや楽天などのネット通販で買えるようになったけど、一昔前までは美容室を通してでしか買えなかった。

業務用ドライヤーで一番有名なのは「Nobby(ノビー)」だが、業務用ヘアアイロンで一番有名なのは『ADST(アドスト)』だ。

【おすすめ】日本一有名な業務用ヘアドライヤー『Nobby(ノビー)』を購入レビュー

続きを見る

【唯一のデメリット】『ADST(アドスト) ヘアアイロン』は値段が高い

『ADST(アドスト) ヘアアイロン』の唯一のデメリットは値段が高いこと。

家電量販店で売っている一般的なヘアアイロンが1万円未満で買えるのに対して、『ADST(アドスト) ヘアアイロン』は3万円を超えてくる。

一度買ってしまえば長いこと使えるから、安物を何度も買い換えるよりもよっぽどコスパが良い。とはいえ、値段の高さ故に購入ハードルが高いのも事実。

『ADST(アドスト) ヘアアイロン』は偽物(模倣品)が多い

「偽物」というとちょっと乱暴な表現だが、『ADST(アドスト) ヘアアイロン』はその画期的なデザインセンスに目をつけた他のメーカーがデザインを真似しているパターンが非常に多い。

本物の『ADST(アドスト) ヘアアイロン』が3万円超えと超高額であることもあって、”似て非なるもの”を本家よりも安く販売しているメーカーがあとをたたない。

楽天やAmazonを細かく探せば粗悪な偽物が出回っていることもあるんだけど、流石にこの記事で偽物を紹介するわけにもいかないから「似て非なるものだけど、ある程度使えそうな模倣品」を3つほど紹介する。

ADST(アドスト)に似ているヘアアイロン『Nobby ヘアーアイロン NBS500』

業務用ドライヤーで有名な「Nobby(ノビー)」から出ている『ADST(アドスト) 』にそっくりなヘアアイロン。

価格は7,000円前後と、『ADST(アドスト) 』の1/4以下。

若干プレートが安っぽいのが気になるが、フェルトガードの感じは『ADST(アドスト) Premium DS 』にそっくりだ。

ADST(アドスト)に似ているヘアアイロン『Onedam ワンダム ヘアアイロン』

こちらも『ADST(アドスト) 』を買えない人のための模倣品としてかなり有名なアイロン。

デザイン自体は現行の『ADST(アドスト) Premium DS 』シリーズより一世代前の『ADST EX』を真似ているっぽい。

ADST(アドスト)に似ているヘアアイロン『アズスタイル ヘアアイロン』

今回紹介する中では最も価格が高い『ADST(アドスト) 』の模倣品。

似てはいるものの、本家のデザイン性には敵わない。

本物の『ADST(アドスト) ヘアアイロン』と偽物(模倣品)の見分け方

本物の『ADST(アドスト) ヘアアイロン』と偽物(模倣品)の見分け方は簡単だ。

見分け方は「プレートに溝があるかないか」と「色合い」だ。

『ADST(アドスト) ヘアアイロン』には水蒸気を逃がすための「スチームドレイン」という溝が付いているが、偽物(模倣品)には付いていない。

また、旧版の『ADST(アドスト) EX』には「スチームドレイン」がないからちょっと見分けにくいが、色合いや温度調節部分のデザインを見れば一発で見分けがつく。

『ADST(アドスト) ヘアアイロン』の正規品(本物)はAmazonや楽天で買える

『ADST(アドスト) ヘアアイロン』の正規品はAmazonや楽天で買える。

たまに10,000円〜と極端に安い『ADST(アドスト)』が出品されていることがあるが、中古品でもない限りその値段で売られていることはないので偽物だと思ってもらって差し支えないだろう。

『ADST(アドスト) ヘアアイロン』にはスリムタイプが存在する

『ADST(アドスト) ヘアアイロン』にはスリムタイプが存在する。

通常の『ADST(アドスト) ヘアアイロン』のプレート幅は25mmだが、スリムタイプは19mmだ。

美容師さんが髪が短い男性の縮毛矯正をする際に重宝されるようだが、一般人が選ぶ必要はあまりない気がする。

2001年発売の『ADST(アドスト) EX』もまだ現役

俺が『ADST(アドスト)』の存在を知ったのは行きつけの美容室がきっかけであることは先述のとおりだが、実はその美容室で使っていたのは現行の『ADST(アドスト)DS』ではなく、『ADST(アドスト) EX』という一世代前のモデルだった。

ヤフオクで手に入れた『ADST(アドスト) EX』も健在

『ADST(アドスト) EX』は2001年に発売されたモデル。既に新品で購入することはできないが、当時の憧れを叶えたかった俺はヤフオクで『ADST(アドスト) EX』を購入した。

現行の『ADST(アドスト)DS』が発売されたのが2009年だから、少なくとも13年以上は経っているわけだがそれでも『ADST(アドスト) EX』はまだまだ現役で使えている。

この耐久性はまさに異次元。プロの現場で酷使されることを加味した設計に脱帽だ。

憧れの業務用ヘアアイロン「ADST(アドスト)EX 」の購入レビュー

続きを見る

『ADST(アドスト) ヘアアイロン』はメンズにもおすすめ

『ADST(アドスト) ヘアアイロン』はメンズにもおすすめ。

これ1本あれば、ストレートヘアーはもちろん、パーマヘアーだって再現できる。今流行りのセンターパートヘアーのクセ付けも一発だ。

熱が均一に伝わるプレート設計にバイコート加工によるダメージ軽減効果、美容師さんが仕事で毎日使うことを想定して作られた圧倒的な耐久性、どれも素晴らしい。

中学3年生の俺は当時のお小遣いとお年玉を全額ツッコんで『ADST(アドスト)』のヘアアイロンを購入した。確かに一般的なヘアアイロンに比べたら高いけど、9年間故障せずに使えているし、安いヘアアイロンを何本も買い換えるより安く済んだのかもしれない。

最高の使い心地を味わいたいなら『ADST(アドスト)』のヘアアイロン一択だと思う。

これ以上に素晴らしいヘアアイロンに俺はまだ出会ったことがないし、これからも出会うことはないだろう。

9年前、勇気を出して『ADST(アドスト)』を買った俺の判断は正解だったと思う。

リファインマガジンについて【運営方針・自己紹介・SNS】

ブログを始めてちょうど3年が経った。 なんやかんやこのリファインマガジンも月間10万PV超えのWEBメディアに成長した。 ここらで一度、リファインマガジンのコンセプトや「届けたい想い」についてまとめることにする。 リファインマガジンのコンセプト リファインマガジンは「ファッションを切り口にした生活改善情報」を切り口に記事・コンテンツを発信している。 大前提、俺はファッションが大好きだ。 「ファッションが好きなんです」と話すと「ハイブランドとか、とにかく高い服ばかり買い漁っているんでしょ?」と言われることが ...

続きを読む

身長が盛れるメンズの厚底スニーカーまとめ【低身長男子の味方】

今回は身長が盛れるメンズの厚底スニーカーを7つ紹介する。 限定品やプレミア品など、手に入りにくいスニーカーは避けて選んでいるから、気になるスニーカーがあったら明日からでも取り入れてほしい。 身長が高いほうがモテる、は事実 @h.yun_b まずはじめに、残酷な現実をお伝えする。 「身長が高いほうがモテる」は事実だ。 昭和〜平成〜令和と時代が移り変わってもこの事実は変わらない。なぜなら生物学的な本能の部分で女性は身長が高い男性に魅力を感じるようにできているからだ。 身長は努力しても伸ばせない 残酷なことに身 ...

続きを読む

身長が盛れる!厚底コンバースオールスター(ハイカット)を購入レビュー【履き心地&サイズ感】

今回はファン待望の「厚底コンバースオールスター」が登場したから、購入してレビューする。 通常の販売価格よりも1,500円ほど安く買うことができる裏技も紹介しているので、よかったら最後まで読んでほしい。 韓国で大人気!流行りの厚底コンバースが遂に日本に! ここ数年、メンズ・レディース問わず「厚底スニーカーブーム」が続いている。 特に韓国では人気アイドルやインフルエンサーが積極的にコーディネートに取り入れたことによって厚底スニーカーの人気が爆発している。 韓国では『Run Star Hike』が大人気! 韓国 ...

続きを読む

【新生活】一人暮らしの8年目の俺が買ってよかった&いらなかった【家具・家電】

今回は新生活に向けた「家具選び」について、一人暮らしの8年目の俺が買ってよかった&いらなかった家具を合計14個紹介する。 特に”いらなかった家具・家電”は必見だ。 一番の節約方法は無駄なモノを買わないことだ。何かとお金がかかる新生活において、1円でも無駄な出費は抑えるべき。 ぜひ参考にしてみてほしい。 【買ってよかった】セミダブルベッド 買ってよかった家具の1つ目は「セミダブルベッド」だ。 シングルベッドを買うくらいなら初めからセミダブルを買ってほしい。 なぜなら、2人で寝た時の疲れの取れ具合がシ ...

続きを読む

【決定版】雨の日が続く梅雨の季節に最適!おしゃれな防水スニーカー・ブーツまとめ特集

今回は「防水対策とおしゃれを両立できるスニーカー・ブーツ」を紹介していく。 実際に俺がこれまで履いてきたモデルのみを紹介するから自信はある! 限定モデルなど手に入りにくいスニーカーは除き、いつでも買えるモデルだけを選んだからぜひ参考にしてほしい。 【悩み】防水対策とおしゃれを両立するのは難しい 防水対策とおしゃれを両立するのは難しい。 とくに雨の日が続く梅雨の季節はお気に入りのスニーカーが履けなくて外出前からテンションが下がるなんてこともざらにある。 しかも、防水スニーカーは機能性に特化したものが多く、デ ...

続きを読む

【雨の日に】土砂降りにも耐えられる防水ブーツ『Blundstone(ブランドストーン)』レビュー

今回は土砂降りにも耐えられる防水ブーツ『Blundstone(ブランドストーン)』を紹介する。 なんだかんだ言って日本は雨大国だ。 せっかくお洒落してでかけても、靴の中に雨が染み込んできたらテンション爆下がり。 ブランドストーンのブーツを手に入れたことで、俺はこの不快感に襲われる心配から開放された。 土砂降りに耐えられるスニーカーはない 俺は過去にいくつも防水シューズを試してきた。 最近まで、雨の日に履くシューズの最適解は「エアフォース1」だったんだけど、とある土砂降りの日、その説は見事に流れ去った。 家 ...

続きを読む

「NIKE(ナイキ)ダンクロー レトロ パンダ」を購入レビュー!【サイズ感や履き心地】

今回は「Nike Dunk Low Retro "White/Black"(ナイキ ダンク ロー レトロ パンダ ブラック/ホワイト)」を購入したから「履き心地」や「サイズ感」をレビューしていく。 「ナイキ ダンクロー レトロ」の購入を検討している人は参考にしてほしい。 「ナイキ ダンクLOWレトロ」はパンダカラーが定番人気! 2019年12月にOFF-WHITE(オフホワイト)とのコラボモデルが発売されたと同時にじわじわと人気を獲得し、すっかりトレンドアイテムとなったナイキダンクロー。 そんなダンクLO ...

続きを読む

【効果検証】リカバリーサンダルで足の疲労は回復するのか?

今回は「リカバリーサンダルで足は回復するのか?」という疑問に答えていく。 おすすめのリカバリーサンダルについても紹介しているから気になっている人は是非参考にしてほしい。 『リカバリーサンダル』とは? リカバリーサンダルとは、ランニングなどのスポーツ後に足の疲労を回復させるために履くサンダル。 足にかかる負担を最小限に抑えられるために衝撃吸収性が高い素材で作られているのが特徴だ。 おすすめの『リカバリーサンダル』3選 今回はおすすめのリカバリーサンダルを3つ紹介する。 最近はいろんなブランドがリカバリーサン ...

続きを読む

【徹底解説】BTS(防弾少年団)メンバー愛用の帽子ブランドまとめ

今回はBTSメンバー達が愛用してる帽子ブランドを8つ紹介する。 BTS(防弾少年団)メンバー愛用の帽子ブランド『MACK BARRY(マクバリー)』 MACK BARRY(マクバリー)は韓国発のユニセックスブランド。 BTSのメンバー達が愛用していたことから日本でも話題沸騰中。 シンプルだけど一目でMACK BARRY(マクバリー)と分かるデザインに加えて、お手頃な価格で買えるのも魅力のひとつ。 MACK BARRY MCBRY BUCKET HAT BLACK この「MACK BARRY(マクバリー) ...

続きを読む

BTSメンバーがプライベートで愛用しているイヤホン・ヘッドホンを紹介!

今回はBTSメンバーがプライベートで愛用しているイヤホン・ヘッドホンを紹介する。 BTSのイヤホンといえば、韓国の大手メーカー・サムスンとコラボした「Galaxy Buds+ BTS Edition」がある。 しかし、あれは企業PRであって、メンバーたちが本当にプライベートで愛用しているイヤホン、ヘッドフォンはまた別だったりする。 この記事では、あくまでもプライベートで使っているイヤホン・ヘッドホンに限定して特集していく。 BTSのジョングク(JUNGKOOK)が使っているヘッドホン「Shure SRH9 ...

続きを読む

【最新版】BTSメンバーが使っている香水ブランドまとめ【柔軟剤・お香も紹介】

今回はBTSメンバーが使っている香水ブランドを紹介する。 「憧れの人と同じ香りだ!」って思うとテンションが上がる! 定期的にネットやSNSを徘徊して情報を集めているから、新しい情報があり次第、随時追加していく。 BTSメンバー『ジョングク(JUNG KOOK)』が使っている香水 まずはジョングクが使っている香水から紹介していく。 ジョングクが愛用している香水は判明しているだけでも7種類もある。 一応、最後におまけとして彼が愛用したことで品薄になった伝説の柔軟剤も紹介する(笑) FORMENT(フォルメント ...

続きを読む

【まとめ】韓国旅行で行ったショップ・買ったもの【マーティンキム・アダーエラー・ジェントルモンスターなど】

今回は2023年4月の韓国旅行で行ったショップ・買ったものをまとめて紹介する。 紹介するショップ&ブランドは下記7つ。 ADER error(アダーエラー) GENTLE MONSTER(ジェントルモンスター) TYPESERVICE(タイプサービス) Matin Kim(マーティンキム) マルディメクルディ(Mardi Mercredi) ABCマート ALAND(エーランド) TIME AFTER TIME(カフェ) 最後に”おまけ”として韓国旅行でオススメのホテルなども紹介するから、よかった ...

続きを読む

なぜユニクロのデニムジャケットは最高なのか?【メンズ - Gジャン】

今回は「なぜユニクロのデニムジャケットは最高なのか?」について解説する。 実際に購入して着てみた俺の感想も交えて解説するから、ぜひ参考にしてほしい。 なぜユニクロのデニムジャケットは最高なのか? ユニクロのデニムジャケットが最高な理由は、価格不相応なデザインの完成度の高さ、素材の質の高さにある。 デザインの完成度の高さがエグい まずデザイン性の完成度の高さから紹介していく。 今回のデニムジャケットはリーバイス社の「1stモデル」をモチーフにしている。 前立てにゆとりを生む2本のプリーツを施し、フラップ付き ...

続きを読む

Supreme(シュプリーム)はダサい?いいえ、マーケティングの天才です。

今回は、ストリートブランドの王様「シュプリーム」の天才的なマーケティング戦略と、ダサいと言われる原因について解説する。 Supreme(シュプリーム)はストリートファッションの王様(キング) この記事にたどり着いている時点で知らないという人はいないと思うけど、一応「シュプリームとは?」について解説する。 シュプリームは、1994年にアメリカのニューヨークで創業されたスケートファッションブランド。 ストリートファッションの王様(キング)という異名を持つシュプリーム。もはや服に興味がない人でも名前やロゴを知ら ...

続きを読む

伝説のブランド『VETEMENTS(ヴェトモン)』とは?【ダサい?終わった!?】

今回は、2016年〜2017年をピークにカルト的人気を誇っていた伝説のブランド『VETEMENTS(ヴェトモン)』について紹介する。 『VETEMENTS(ヴェトモン)』とは? 『VETEMENTS(ヴェトモン)』は2014年に設立されたフランスのファッションブランド。 モードとストリートをMIXさせた斬新なスタイルで一世を風靡した伝説のブランドで、"ラグジュアリーストリート"にモードの要素をブチ込んだ革命児だった。 ラインナップはメンズ・ウィメンズともに展開している。 » VETEMENTSをお得に買う ...

続きを読む

ニュアンスカラーが美しい『MOHEIM(モヘイム)』のマグカップを購入レビュー

今回はニュアンスカラーが美しい『MOHEIM(モヘイム)』のマグカップを購入したので詳しくレビューしていく。 【ブランド紹介】『MOHEIM(モヘイム)』とは? まずはMOHEIM(モヘイム)について簡単に紹介してく。 モヘイムは"福井発”のブランド モヘイムは"福井発のインテリアプロダクトブランド。 今回俺が購入したのはマグカップだが、メインは「世界で一番美しいゴミ箱」と評されたゴミ箱『SWING BIN』をはじめとしたインテリア小物。 モヘイムは福井県のふるさと納税の返礼品に採用されている ちなみに、 ...

続きを読む

無印良品のリュックがヤバすぎた【肩の負担は大して変わらない】

今回は無印良品の「肩の負担を軽くするリュック」を半年間使用した感想を記事にしていく。 もはや俺の日常生活はこのリュックなしでは成り立たない。マジでヤバい、最高すぎる。 無印良品のリュックサックは老若男女問わずおすすめ 無印良品のリュックサックは老若男女問わずおすすめできる最高傑作だ。 小学生のランドセル代わりに、中高生のスクールバック代わりに、大学生のトートバッグ代わりにおすすめしたい。 【無印良品】肩の負担を軽くする 撥水 リュックサック created by Rinker 無印良品 Amaz ...

続きを読む

「ADER error(アダーエラー)弘大フラッグシップストア」に行った感想【店内の様子】

今回は韓国ソウルにある「ADER error(アダーエラー)弘大フラッグシップストア」に行ってきたから店内の様子を紹介していく。 多分ここまで詳細に紹介している記事やブログは他にないはず! これから行ってみたいと思っている人は参考にしてほしい。 ADER error(アダーエラー)とは? ADER error(アダーエラー)は2014年に設立された「インテリアデザイン」、「ファッション」、「建築」、「金融」など、さまざまな分野から集められた約20人の匿名“クルー”が手掛ける韓国発のユニセックスブランド。 ...

続きを読む

THE BLOSSOM HIBIYA(ザ ブラッサム 日比谷)に泊まった感想【 ホカンス - 宿泊記】

今回は「THE BLOSSOM HIBIYA(ザ ブラッサム 日比谷)」に泊まった感想を書いていく。 気になっている人はぜひ読んでみてほしい。 【基本情報】THE BLOSSOM HIBIYA(ザ ブラッサム 日比谷)について THE BLOSSOM HIBIYA(ザ ブラッサム 日比谷)は東京都港区新橋にある4つ星ホテル。 客室単価3万円以上が4つ星ホテルの目安とされており、THE BLOSSOM HIBIYA(ザ ブラッサム 日比谷)は見事にクリアしてしまっている(安いに越したことはない) 2019年 ...

続きを読む

これまで紹介したスニーカー・ブーツ【まとめ】

※この記事は随時更新していきます! この記事では、これまでリファインマガジンで紹介してきた「スニーカー・ブーツ・靴」をブランド別にまとめておく。 いわゆる”まとめ記事”だから、気になるブランドのスニーカーがあれば、ぜひ参考にしてみてほしい。 CONVERSE(コンバース)のスニーカー コンバース(CONVERSE)は、アメリカのシューズブランド。 バスケットボールシューズとして開発された「オールスター」はあまりにも有名。 ファッション好きでコンバースを履いことがないって人はいないはず。 コンバース オール ...

続きを読む

-買ってよかったもの
-,

© 2024 リファインマガジン Powered by AFFINGER5