〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

【雨の日に】土砂降りにも耐えられる防水ブーツ『Blundstone(ブランドストーン)』レビュー

2022年11月26日

【決定版】雨の日が続く梅雨の季節に最適!おしゃれな防水スニーカー・ブーツまとめ特集

続きを見る

今回は土砂降りにも耐えられる防水ブーツ『Blundstone(ブランドストーン)』を紹介する。

なんだかんだ言って日本は雨大国だ。

せっかくお洒落してでかけても、靴の中に雨が染み込んできたらテンション爆下がり

ブランドストーンのブーツを手に入れたことで、俺はこの不快感に襲われる心配から開放された。

ファッションを切り口にした生活改善情報を発信中!
【SNS⇒ YouTubeInstagramTwitter
最近はインスタをぼちぼち更新してます!

土砂降りに耐えられるスニーカーはない

俺は過去にいくつも防水シューズを試してきた。

最近まで、雨の日に履くシューズの最適解は「エアフォース1」だったんだけど、とある土砂降りの日、その説は見事に流れ去った。

家から駅まで歩いただけで「エアフォース1」の中が大洪水。

普通の雨の日には耐えていた「エアフォース1」も、流石に土砂降りには耐えられなかったようだ。

他にも、『VANS(バンズ) 職人シリーズ』『Danner(ダナー)・リッジランナー2.5』など、防水を謳うシューズは試してきたけど、小雨しか耐えられなかったり、通気性がクソ悪くてめちゃくちゃ蒸れたりで、結局、土砂降りの日は諦めるしかないと思っていた。

『エアフォース1」を紹介した記事

【エアフォース1】雨の日に履く防水スニーカーの頂点。【超おすすめ】

続きを見る

『VANS THE SHOKUNINスリッポン』を紹介した記事

雨にも耐えられる!? 『VANS(バンズ) "THE SHOKUNIN(職人)シリーズ" スリッポンスニーカー』をレビュー

続きを見る

『Danner(ダナー)・リッジランナー2.5』を紹介した記事

【買って失敗した】防水スニーカー『Danner(ダナー)・リッジランナー2.5』

続きを見る

ブランドストーンのブーツなら土砂降りにも耐えられる

もうすっかり土砂降りの日は諦めていた俺だけど、ブランドストーンのブーツに出会ってから土砂降りの日も怖くなくなった

ブランドストーンのブーツは土砂降りの日も雨が染みないし、蒸れた不快感を感じることもない。晴れの日と何ら変わらない快適さを保ってくれるんだ。

これは凄い。

もっと早く買っておけばよかった。マジで。

今回の記事ではなぜブランドストーンのブーツが土砂降りにも耐えられるのかを含めて、詳細をレビューしていく。

Blundstone(ブランドストーン)とは?

「そもそもブランドストーンってなに?どんなブランド?」という疑問から解消していこう。

ブランドストーンはオーストラリアのタスマニア州に拠点をおくシューズブランド

その歴史は深く、創業は1870年と今から約150年前

サイドゴアブーツの元祖としても知られ、高い機能性と比較的お求めやすい価格により、地元オーストラリアではファッションにまったく興味がない農家のおっちゃんも愛用しているという、まさに国民的シューズなんだ。

ブランドストーンの性能の秘密

高い防水性耐久性の秘密は下記3つにある。

  • オイルドレザー
  • 特殊な圧着方法
  • 特殊素材のアウトソール

詳しく説明していく。

まず、たっぷりとオイルを染み込ませた牛革のオイルドレザーを使用していて、更に強い防水コーティングをしている為、かなり水に強い仕様となっている。

また、アッパーとソールを一体成型するという特殊な製法を使用しているため縫い目がなく、内部に水が入り込みにくい

最後、ポリウレタンのミッドソールとサーモウレタンのアウトソールは水、油、細菌、酸による劣化の心配無用でなんと140℃の高温にも耐えられる。

もはや最強すぎて、チートアイテム感ハンパないw

『Blundstone(ブランドストーン)BS063089』ブーツのレビュー

ここからは、実際に俺が購入したBlundstone(ブランドストーン)のブーツ「BS063089」をレビューしていく。

普段のスニーカー(「エアフォース1」や「コンバースオールスター」など)は27.5cmを履いているが、ブランドストーンのブーツに関しては、UK7=25.5cm を購入した。

というのも、ブランドストーンのブーツはサイズ感がかなり大きめ

革靴を選ぶ時のサイズ感で選ぶのが正解かもしれない。靴紐がないから、サイズ感選びをミスるとぶかぶかで履けたもんじゃない

サイズ感選びについては、後ほど詳しく解説する。

箱の中身はこんな感じ。

箱の上にはブランドストーンのキャッチコピーである「“Everywhere Life Takes Me” = 人生においてどこに行くにも私を連れていって」の文字が。

粋だよな〜。

ブーツの全体はこんな感じ。

無駄のないシンプルでミニマムなデザイン。

好き。

今回購入した「063」の特徴はスクエアトゥーであること。

つま先が角ばっているため、通常モデルよりもクラシックな雰囲気を演出してくれる。

ちなみに通常モデルはこんな感じ。

つま先が丸いだけで、一気にカジュアルな雰囲気になるのが分かると思う。

こういう細かい部分のこだわりに男ってのは惹かれてしまうものなんですね〜(心の声)

サイドゴア部分の質感はこんな感じ。

かなりきっちり目が詰まっているから硬いんだけど、耐久性は抜群

革はなめらかな質感のスムースレザーが使われている。

このしっとり感、たまらん、、

ヒール部分には「Blundstone(ブランドストーン)」のロゴが。

履き口は両端にストラップがあり、引っ張りながら履くことができる

おそらく分厚い手袋や軍手をしていても履けるであろうこのギミックは、生活者に徹底的に寄り添った仕様と言えるだろう。

正直、インソールはペラペラで薄い

クッション性が期待できるような代物ではない。

しかし、心配はいらない。

シューズのかかと部分に高性能なクッション素材「XRD®」を搭載しているため、衝撃を抑え快適な履き心地を実現している。

アウトソールは水、油、細菌、酸などによる劣化に強いサーモウレタン素材を使用。140℃の高温にも耐えるなど、高い耐久性を備えている。

また、防滑性に優れたソールパターンを採用しているため、滑って転ぶリスクも軽減されている。

そして最後に両足を揃えて全体感を見てもらおう。

どこからどう見ても美しい。

ずっと欲しかったからやっと買えて満足度も高い。

控えめに言って最高。

Blundstone(ブランドストーン)ブーツのサイズ感について

ブランドストーンのブーツはサイズ選びが難しい

普段履いているスニーカーと同じサイズを買うときっと失敗する。

ブランドストーンのブーツを買う際は、通常のスニーカーのサイズから1~2サイズ落として選ぶのがおすすめ。

具体的には、普段27.5cmのスニーカーを履いている俺なら、ブランドストーンは25.5cmを選ぶべき。

サイドゴアブーツは紐がないからきちんとサイズ選びを行わないと事故る。

今回俺はAmazonの試着システム(prime try before you buy)を使って2足履き比べてから購入した。

家にいながら試着できるなんて、いい時代になったものだ。

結論から言うと、俺はUK7(25.5cm)を購入した。

今回はUK6(25.0cm)も同時に取り寄せて履き比べていたんだけど、流石にUK6はつま先が窮屈だった。

左がUK6右がUK7だ。

こうやって見ると大差ないように思えるが、上から見ると大きさの違いが分かる。

ブランドストーンのサイズ感は絶妙で、多分俺にはUK6.5くらいのサイズが適切なんだと思う。

しかし、ブランドストーンのブーツのサイズ展開にUK6.5は存在しない

しばらくそのまま履いていたんだけど、ちょっと足が浮く感じがしたので、今現在は中敷きを入れて履いている

サイズ調節もむずい。

シューズに関してはサイズが大きい分には中敷きを入れて調節できるが、小さかった場合はどうしようもない

指が窮屈で痛い靴なんて履いてられないし、迷ったら大きい方を買うのが正解だ。

ブランドストーンのブーツを2ヶ月履いて分かった「メリット」

ブランドストーンのブーツを2ヶ月履いて分かった「メリット」を紹介する。

具体的には下記3つ。

  1. 圧倒的防水性能
  2. コーディネートを選ばない汎用性
  3. ブーツなのに軽い

土砂降りの日も靴下が濡れない

ブランドストーンのブーツを履く一番のメリットが圧倒的防水性だ。

マジで土砂降りの日でも靴下が濡れない。

雨が染みてくることはもちろん、くるぶし上まですっぽりと隠れる長さのおかげで上から雨が入ってくることもない。

どんなコーデにも合う

そして、コーディネートを選ばず履ける汎用性の高さ

ジャケットやセットアップなど、フォーマルな服装にも、Tシャツやパーカーなどのカジュアルな服装にもマッチする。

長靴と違って子供っぽさがでないし、かといってドレス用の革靴のようにカッチリしすぎることもない。

マジで万能。

ブーツなのに軽い

そして、意外と嬉しいのがブーツ自体の軽さだ。

実は、完全防水ブーツという切り口で考えると「Timberland(ティンバーランド)」など、他にも選択肢はある。

しかし、それらのブーツはどうしても重たい。

一般的なブーツの重さは片足600gほど。走るなんてまず無理。

でもブランドストーンのブーツは片足450g前後で、スニーカー並に軽い

ブランドストーンのブーツは、性能面、見た目、履き心地の全てが優れているブーツなんだ。

【イエローバックスも愛用】ティンバーランドのイエローブーツはダサくない!【サイズ感と履き方】

続きを見る

ブランドストーン(Blundstone)ブーツを2ヶ月履いて分かった「デメリット」

基本的に最高すぎるブランドストーンのブーツだけど、履いていくうちに分かったデメリットもいくつかあった。

それが下記2つ。

  • 履き始めは硬い
  • サイズ調整が難しい

詳しく説明していく。

履き始めはレザーが硬い

ブランドストーンのブーツはオイルドレザーを使用しているため、一般的なレザーブーツと比べると履き始めから快適な履き心地を実現している。

とはいえ、レザーなのでスニーカー感覚で履こうとするとギャップに驚くことになる

やっぱり履き始めはアッパーのレザーが硬いし、丈夫な作りゆえにサイドのゴム部分も硬く、脱ぎ履きも一苦労

靴紐がないからサイズ調節が難しい

また、紐で縛ることができないので、サイズ調整が難しい

ぴったりジャストのサイズを選べないと、足がパカパカ浮いたり、逆に指先が窮屈で痛かったりする。

複数サイズ履き比べてから購入するのがおすすめだ。

防水シューズ探しの終着点 - Blundstone(ブランドストーン)が最強!

今回は、土砂降りにも耐えられる防水ブーツ『ブランドストーン 063』を紹介した。

2ヶ月前に買ってからというもの、雨の日はブランドストーンしか履かなくなった

雨の日は外に出るのが億劫になるが、ブランドストーンのブーツがあるおかげで少なくとも足元がびちゃびちゃになって不快な気分になることはなくなった

雨の日はブランドストーンで決まり

エアフォース1、ダナー、ティンバーランド、色んなシューズを試してきたが、雨の日に履く防水シューズ探しの旅はブランドストーンの購入によって終着点を迎えた。

色々遠回りをしてきたけど、やっとしっくりくる最高のシューズを手に入れることができて俺は大満足だ。

雨の日に履く防水シューズ選びに迷っている人は、是非参考にしてみてほしい。

ブランドストーンは最高だ。

Amazonで買えば複数サイズの試し履きができる!

今回紹介したブランドストーンのブーツだが、最高品質ではあるものの、サイズ選びが難しいという難点がある。

しかし、Amazonの試着購入サービスである「prime try before you buy」を使えば無料で一度に6足まで試すことができる

つまり、購入前に複数サイズをためし履きすることができるのだ。しかも自宅で

自宅でじっくり試し履きできる

もちろん、室内で試し履きすることにはなるが、自宅の落ち着いた環境でじっくり試し履きできるのは嬉しいポイント

ちなみに、取り寄せた商品は全て返品することも可能なので、最悪、足に合わなくてもお金がかかることはないし、リスク0

さらにブランドストーンの公式サイトでは定価26,400円で売られているが、Amazonで買えば5,000円ほど安い21,000円前後で手に入れることができる(もちろん本物)

気になっている人は是非、Amazonの「prime try before you buy」で試し履きしてみてほしい。

prime try before you buyはこちら

雨の日が続く梅雨の季節に最適!おしゃれな防水スニーカー・ブーツまとめ特集

雨の日のスニーカー選びに迷っている人のためにつくった「雨の日対策防水スニーカー・ブーツ特集」。

これまで色んな防水スニーカーを試してきた俺の最適解がココに詰まっている。

【決定版】雨の日が続く梅雨の季節に最適!おしゃれな防水スニーカー・ブーツまとめ特集

続きを見る

【動画レビュー】Blundstone(ブランドストーン)の紹介

リファインマガジンについて【運営方針・自己紹介・SNS】

ブログを始めてちょうど3年が経った。 なんやかんやこのリファインマガジンも月間10万PV超えのWEBメディアに成長した。 ここらで一度、リファインマガジンのコンセプトや「届けたい想い」についてまとめることにする。 リファインマガジンのコンセプト リファインマガジンは「ファッションを切り口にした生活改善情報」を切り口に記事・コンテンツを発信している。 大前提、俺はファッションが大好きだ。 「ファッションが好きなんです」と話すと「ハイブランドとか、とにかく高い服ばかり買い漁っているんでしょ?」と言われることが ...

続きを読む

身長が盛れるメンズの厚底スニーカーまとめ【低身長男子の味方】

今回は身長が盛れるメンズの厚底スニーカーを7つ紹介する。 限定品やプレミア品など、手に入りにくいスニーカーは避けて選んでいるから、気になるスニーカーがあったら明日からでも取り入れてほしい。 身長が高いほうがモテる、は事実 @h.yun_b まずはじめに、残酷な現実をお伝えする。 「身長が高いほうがモテる」は事実だ。 昭和〜平成〜令和と時代が移り変わってもこの事実は変わらない。なぜなら生物学的な本能の部分で女性は身長が高い男性に魅力を感じるようにできているからだ。 身長は努力しても伸ばせない 残酷なことに身 ...

続きを読む

身長が盛れる!厚底コンバースオールスター(ハイカット)を購入レビュー【履き心地&サイズ感】

今回はファン待望の「厚底コンバースオールスター」が登場したから、購入してレビューする。 通常の販売価格よりも1,500円ほど安く買うことができる裏技も紹介しているので、よかったら最後まで読んでほしい。 韓国で大人気!流行りの厚底コンバースが遂に日本に! ここ数年、メンズ・レディース問わず「厚底スニーカーブーム」が続いている。 特に韓国では人気アイドルやインフルエンサーが積極的にコーディネートに取り入れたことによって厚底スニーカーの人気が爆発している。 韓国では『Run Star Hike』が大人気! 韓国 ...

続きを読む

【新生活】一人暮らしの8年目の俺が買ってよかった&いらなかった【家具・家電】

今回は新生活に向けた「家具選び」について、一人暮らしの8年目の俺が買ってよかった&いらなかった家具を合計14個紹介する。 特に”いらなかった家具・家電”は必見だ。 一番の節約方法は無駄なモノを買わないことだ。何かとお金がかかる新生活において、1円でも無駄な出費は抑えるべき。 ぜひ参考にしてみてほしい。 【買ってよかった】セミダブルベッド 買ってよかった家具の1つ目は「セミダブルベッド」だ。 シングルベッドを買うくらいなら初めからセミダブルを買ってほしい。 なぜなら、2人で寝た時の疲れの取れ具合がシ ...

続きを読む

【決定版】雨の日が続く梅雨の季節に最適!おしゃれな防水スニーカー・ブーツまとめ特集

今回は「防水対策とおしゃれを両立できるスニーカー・ブーツ」を紹介していく。 実際に俺がこれまで履いてきたモデルのみを紹介するから自信はある! 限定モデルなど手に入りにくいスニーカーは除き、いつでも買えるモデルだけを選んだからぜひ参考にしてほしい。 【悩み】防水対策とおしゃれを両立するのは難しい 防水対策とおしゃれを両立するのは難しい。 とくに雨の日が続く梅雨の季節はお気に入りのスニーカーが履けなくて外出前からテンションが下がるなんてこともざらにある。 しかも、防水スニーカーは機能性に特化したものが多く、デ ...

続きを読む

【雨の日に】土砂降りにも耐えられる防水ブーツ『Blundstone(ブランドストーン)』レビュー

今回は土砂降りにも耐えられる防水ブーツ『Blundstone(ブランドストーン)』を紹介する。 なんだかんだ言って日本は雨大国だ。 せっかくお洒落してでかけても、靴の中に雨が染み込んできたらテンション爆下がり。 ブランドストーンのブーツを手に入れたことで、俺はこの不快感に襲われる心配から開放された。 土砂降りに耐えられるスニーカーはない 俺は過去にいくつも防水シューズを試してきた。 最近まで、雨の日に履くシューズの最適解は「エアフォース1」だったんだけど、とある土砂降りの日、その説は見事に流れ去った。 家 ...

続きを読む

「NIKE(ナイキ)ダンクロー レトロ パンダ」を購入レビュー!【サイズ感や履き心地】

今回は「Nike Dunk Low Retro "White/Black"(ナイキ ダンク ロー レトロ パンダ ブラック/ホワイト)」を購入したから「履き心地」や「サイズ感」をレビューしていく。 「ナイキ ダンクロー レトロ」の購入を検討している人は参考にしてほしい。 「ナイキ ダンクLOWレトロ」はパンダカラーが定番人気! 2019年12月にOFF-WHITE(オフホワイト)とのコラボモデルが発売されたと同時にじわじわと人気を獲得し、すっかりトレンドアイテムとなったナイキダンクロー。 そんなダンクLO ...

続きを読む

【効果検証】リカバリーサンダルで足の疲労は回復するのか?

今回は「リカバリーサンダルで足は回復するのか?」という疑問に答えていく。 おすすめのリカバリーサンダルについても紹介しているから気になっている人は是非参考にしてほしい。 『リカバリーサンダル』とは? リカバリーサンダルとは、ランニングなどのスポーツ後に足の疲労を回復させるために履くサンダル。 足にかかる負担を最小限に抑えられるために衝撃吸収性が高い素材で作られているのが特徴だ。 おすすめの『リカバリーサンダル』3選 今回はおすすめのリカバリーサンダルを3つ紹介する。 最近はいろんなブランドがリカバリーサン ...

続きを読む

【徹底解説】BTS(防弾少年団)メンバー愛用の帽子ブランドまとめ

今回はBTSメンバー達が愛用してる帽子ブランドを8つ紹介する。 BTS(防弾少年団)メンバー愛用の帽子ブランド『MACK BARRY(マクバリー)』 MACK BARRY(マクバリー)は韓国発のユニセックスブランド。 BTSのメンバー達が愛用していたことから日本でも話題沸騰中。 シンプルだけど一目でMACK BARRY(マクバリー)と分かるデザインに加えて、お手頃な価格で買えるのも魅力のひとつ。 MACK BARRY MCBRY BUCKET HAT BLACK この「MACK BARRY(マクバリー) ...

続きを読む

BTSメンバーがプライベートで愛用しているイヤホン・ヘッドホンを紹介!

今回はBTSメンバーがプライベートで愛用しているイヤホン・ヘッドホンを紹介する。 BTSのイヤホンといえば、韓国の大手メーカー・サムスンとコラボした「Galaxy Buds+ BTS Edition」がある。 しかし、あれは企業PRであって、メンバーたちが本当にプライベートで愛用しているイヤホン、ヘッドフォンはまた別だったりする。 この記事では、あくまでもプライベートで使っているイヤホン・ヘッドホンに限定して特集していく。 BTSのジョングク(JUNGKOOK)が使っているヘッドホン「Shure SRH9 ...

続きを読む

【最新版】BTSメンバーが使っている香水ブランドまとめ【柔軟剤・お香も紹介】

今回はBTSメンバーが使っている香水ブランドを紹介する。 「憧れの人と同じ香りだ!」って思うとテンションが上がる! 定期的にネットやSNSを徘徊して情報を集めているから、新しい情報があり次第、随時追加していく。 BTSメンバー『ジョングク(JUNG KOOK)』が使っている香水 まずはジョングクが使っている香水から紹介していく。 ジョングクが愛用している香水は判明しているだけでも7種類もある。 一応、最後におまけとして彼が愛用したことで品薄になった伝説の柔軟剤も紹介する(笑) FORMENT(フォルメント ...

続きを読む

【まとめ】韓国旅行で行ったショップ・買ったもの【マーティンキム・アダーエラー・ジェントルモンスターなど】

今回は2023年4月の韓国旅行で行ったショップ・買ったものをまとめて紹介する。 紹介するショップ&ブランドは下記7つ。 ADER error(アダーエラー) GENTLE MONSTER(ジェントルモンスター) TYPESERVICE(タイプサービス) Matin Kim(マーティンキム) マルディメクルディ(Mardi Mercredi) ABCマート ALAND(エーランド) TIME AFTER TIME(カフェ) 最後に”おまけ”として韓国旅行でオススメのホテルなども紹介するから、よかった ...

続きを読む

なぜユニクロのデニムジャケットは最高なのか?【メンズ - Gジャン】

今回は「なぜユニクロのデニムジャケットは最高なのか?」について解説する。 実際に購入して着てみた俺の感想も交えて解説するから、ぜひ参考にしてほしい。 なぜユニクロのデニムジャケットは最高なのか? ユニクロのデニムジャケットが最高な理由は、価格不相応なデザインの完成度の高さ、素材の質の高さにある。 デザインの完成度の高さがエグい まずデザイン性の完成度の高さから紹介していく。 今回のデニムジャケットはリーバイス社の「1stモデル」をモチーフにしている。 前立てにゆとりを生む2本のプリーツを施し、フラップ付き ...

続きを読む

Supreme(シュプリーム)はダサい?いいえ、マーケティングの天才です。

今回は、ストリートブランドの王様「シュプリーム」の天才的なマーケティング戦略と、ダサいと言われる原因について解説する。 Supreme(シュプリーム)はストリートファッションの王様(キング) この記事にたどり着いている時点で知らないという人はいないと思うけど、一応「シュプリームとは?」について解説する。 シュプリームは、1994年にアメリカのニューヨークで創業されたスケートファッションブランド。 ストリートファッションの王様(キング)という異名を持つシュプリーム。もはや服に興味がない人でも名前やロゴを知ら ...

続きを読む

伝説のブランド『VETEMENTS(ヴェトモン)』とは?【ダサい?終わった!?】

今回は、2016年〜2017年をピークにカルト的人気を誇っていた伝説のブランド『VETEMENTS(ヴェトモン)』について紹介する。 『VETEMENTS(ヴェトモン)』とは? 『VETEMENTS(ヴェトモン)』は2014年に設立されたフランスのファッションブランド。 モードとストリートをMIXさせた斬新なスタイルで一世を風靡した伝説のブランドで、"ラグジュアリーストリート"にモードの要素をブチ込んだ革命児だった。 ラインナップはメンズ・ウィメンズともに展開している。 » VETEMENTSをお得に買う ...

続きを読む

ニュアンスカラーが美しい『MOHEIM(モヘイム)』のマグカップを購入レビュー

今回はニュアンスカラーが美しい『MOHEIM(モヘイム)』のマグカップを購入したので詳しくレビューしていく。 【ブランド紹介】『MOHEIM(モヘイム)』とは? まずはMOHEIM(モヘイム)について簡単に紹介してく。 モヘイムは"福井発”のブランド モヘイムは"福井発のインテリアプロダクトブランド。 今回俺が購入したのはマグカップだが、メインは「世界で一番美しいゴミ箱」と評されたゴミ箱『SWING BIN』をはじめとしたインテリア小物。 モヘイムは福井県のふるさと納税の返礼品に採用されている ちなみに、 ...

続きを読む

無印良品のリュックがヤバすぎた【肩の負担は大して変わらない】

今回は無印良品の「肩の負担を軽くするリュック」を半年間使用した感想を記事にしていく。 もはや俺の日常生活はこのリュックなしでは成り立たない。マジでヤバい、最高すぎる。 無印良品のリュックサックは老若男女問わずおすすめ 無印良品のリュックサックは老若男女問わずおすすめできる最高傑作だ。 小学生のランドセル代わりに、中高生のスクールバック代わりに、大学生のトートバッグ代わりにおすすめしたい。 【無印良品】肩の負担を軽くする 撥水 リュックサック created by Rinker 無印良品 Amaz ...

続きを読む

「ADER error(アダーエラー)弘大フラッグシップストア」に行った感想【店内の様子】

今回は韓国ソウルにある「ADER error(アダーエラー)弘大フラッグシップストア」に行ってきたから店内の様子を紹介していく。 多分ここまで詳細に紹介している記事やブログは他にないはず! これから行ってみたいと思っている人は参考にしてほしい。 ADER error(アダーエラー)とは? ADER error(アダーエラー)は2014年に設立された「インテリアデザイン」、「ファッション」、「建築」、「金融」など、さまざまな分野から集められた約20人の匿名“クルー”が手掛ける韓国発のユニセックスブランド。 ...

続きを読む

THE BLOSSOM HIBIYA(ザ ブラッサム 日比谷)に泊まった感想【 ホカンス - 宿泊記】

今回は「THE BLOSSOM HIBIYA(ザ ブラッサム 日比谷)」に泊まった感想を書いていく。 気になっている人はぜひ読んでみてほしい。 【基本情報】THE BLOSSOM HIBIYA(ザ ブラッサム 日比谷)について THE BLOSSOM HIBIYA(ザ ブラッサム 日比谷)は東京都港区新橋にある4つ星ホテル。 客室単価3万円以上が4つ星ホテルの目安とされており、THE BLOSSOM HIBIYA(ザ ブラッサム 日比谷)は見事にクリアしてしまっている(安いに越したことはない) 2019年 ...

続きを読む

これまで紹介したスニーカー・ブーツ【まとめ】

※この記事は随時更新していきます! この記事では、これまでリファインマガジンで紹介してきた「スニーカー・ブーツ・靴」をブランド別にまとめておく。 いわゆる”まとめ記事”だから、気になるブランドのスニーカーがあれば、ぜひ参考にしてみてほしい。 CONVERSE(コンバース)のスニーカー コンバース(CONVERSE)は、アメリカのシューズブランド。 バスケットボールシューズとして開発された「オールスター」はあまりにも有名。 ファッション好きでコンバースを履いことがないって人はいないはず。 コンバース オール ...

続きを読む

-スニーカー, ファッション, ライフスタイル, 生活改善, 買ってよかったもの
-, , ,

© 2024 リファインマガジン Powered by AFFINGER5