【雨の日に】土砂降りにも耐えられる防水ブーツ『ブランドストーン』レビュー

今回は土砂降りにも耐えられる防水ブーツ『ブランドストーン』を紹介する。

なんだかんだ言って日本は雨大国だ。

せっかくお洒落してでかけても、靴の中に雨が染み込んできたらテンション爆下がり

ブランドストーンのブーツを手に入れたことで、俺はこの不快感に襲われる心配から開放された。

運営者のけーすけです。
YouTubeやってます

土砂降りに耐えられるスニーカーはない

俺は過去にいくつも防水シューズを試してきた。

最近まで、雨の日に履くシューズの最適解は「エアフォース1」だったんだけど、とある土砂降りの日、その説は見事に流れ去った。

家から駅まで歩いただけで「エアフォース1」の中が大洪水。

普通の雨の日には耐えていた「エアフォース1」も、流石に土砂降りには耐えられなかったようだ。

他にも、『VANS(バンズ) 職人シリーズ』『Danner(ダナー)・リッジランナー2.5』など、防水を謳うシューズは試してきたけど、小雨しか耐えられなかったり、通気性がクソ悪くてめちゃくちゃ蒸れたりで、結局、土砂降りの日は諦めるしかないと思っていた。

『エアフォース1」を紹介した記事

【エアフォース1】雨の日に履く防水スニーカーの頂点。【超おすすめ】

続きを見る

『VANS THE SHOKUNINスリッポン』を紹介した記事

雨にも耐えられる!? 『VANS(バンズ) "THE SHOKUNIN(職人)シリーズ" スリッポンスニーカー』をレビュー

続きを見る

『Danner(ダナー)・リッジランナー2.5』を紹介した記事

【買って失敗した】防水スニーカー『Danner(ダナー)・リッジランナー2.5』

続きを見る

ブランドストーンのブーツなら土砂降りにも耐えられる

もうすっかり土砂降りの日は諦めていた俺だけど、ブランドストーンのブーツに出会ってから土砂降りの日も怖くなくなった

ブランドストーンのブーツは土砂降りの日も雨が染みないし、蒸れた不快感を感じることもない。晴れの日と何ら変わらない快適さを保ってくれるんだ。

これは凄い。

もっと早く買っておけばよかった。マジで。

今回の記事ではなぜブランドストーンのブーツが土砂降りにも耐えられるのかを含めて、詳細をレビューしていく。

ブランドストーンとは?

「そもそもブランドストーンってなに?どんなブランド?」という疑問から解消していこう。

ブランドストーンはオーストラリアのタスマニア州に拠点をおくシューズブランド

その歴史は深く、創業は1870年と今から約150年前

サイドゴアブーツの元祖としても知られ、高い機能性と比較的お求めやすい価格により、地元オーストラリアではファッションにまったく興味がない農家のおっちゃんも愛用しているという、まさに国民的シューズなんだ。

ブランドストーンの性能の秘密

高い防水性耐久性の秘密は下記3つにある。

  • オイルドレザー
  • 特殊な圧着方法
  • 特殊素材のアウトソール

詳しく説明していく。

まず、たっぷりとオイルを染み込ませた牛革のオイルドレザーを使用していて、更に強い防水コーティングをしている為、かなり水に強い仕様となっている。

また、アッパーとソールを一体成型するという特殊な製法を使用しているため縫い目がなく、内部に水が入り込みにくい

最後、ポリウレタンのミッドソールとサーモウレタンのアウトソールは水、油、細菌、酸による劣化の心配無用でなんと140℃の高温にも耐えられる。

もはや最強すぎて、チートアイテム感ハンパないw

『ブランドストーン ブーツ BS063089』のレビュー

ここからは、実際に俺が購入したBlundstone(ブランドストーン)のブーツ「BS063089」をレビューしていく。

普段のスニーカー(「エアフォース1」や「コンバースオールスター」など)は27.5cmを履いているが、ブランドストーンのブーツに関しては、UK7=25.5cm を購入した。

というのも、ブランドストーンのブーツはサイズ感がかなり大きめ

革靴を選ぶ時のサイズ感で選ぶのが正解かもしれない。靴紐がないから、サイズ感選びをミスるとぶかぶかで履けたもんじゃない

サイズ感選びについては、後ほど詳しく解説する。

箱の中身はこんな感じ。

箱の上にはブランドストーンのキャッチコピーである「“Everywhere Life Takes Me” = 人生においてどこに行くにも私を連れていって」の文字が。

粋だよな〜。

ブーツの全体はこんな感じ。

無駄のないシンプルでミニマムなデザイン。

好き。

今回購入した「063」の特徴はスクエアトゥーであること。

つま先が角ばっているため、通常モデルよりもクラシックな雰囲気を演出してくれる。

ちなみに通常モデルはこんな感じ。

つま先が丸いだけで、一気にカジュアルな雰囲気になるのが分かると思う。

こういう細かい部分のこだわりに男ってのは惹かれてしまうものなんですね〜(心の声)

サイドゴア部分の質感はこんな感じ。

かなりきっちり目が詰まっているから硬いんだけど、耐久性は抜群

革はなめらかな質感のスムースレザーが使われている。

このしっとり感、たまらん、、

ヒール部分には「Blundstone(ブランドストーン)」のロゴが。

履き口は両端にストラップがあり、引っ張りながら履くことができる

おそらく分厚い手袋や軍手をしていても履けるであろうこのギミックは、生活者に徹底的に寄り添った仕様と言えるだろう。

正直、インソールはペラペラで薄い

クッション性が期待できるような代物ではない。

しかし、心配はいらない。

シューズのかかと部分に高性能なクッション素材「XRD®」を搭載しているため、衝撃を抑え快適な履き心地を実現している。

アウトソールは水、油、細菌、酸などによる劣化に強いサーモウレタン素材を使用。140℃の高温にも耐えるなど、高い耐久性を備えている。

また、防滑性に優れたソールパターンを採用しているため、滑って転ぶリスクも軽減されている。

そして最後に両足を揃えて全体感を見てもらおう。

どこからどう見ても美しい。

ずっと欲しかったからやっと買えて満足度も高い。

控えめに言って最高。

ブランドストーンのブーツのサイズ感について

ブランドストーンのブーツはサイズ選びが難しい

普段履いているスニーカーと同じサイズを買うときっと失敗する。

ブランドストーンのブーツを買う際は、通常のスニーカーのサイズから1~2サイズ落として選ぶのがおすすめ。

具体的には、普段27.5cmのスニーカーを履いている俺なら、ブランドストーンは25.5cmを選ぶべき。

サイドゴアブーツは紐がないからきちんとサイズ選びを行わないと事故る。

今回俺はAmazonの試着システム(prime try before you buy)を使って2足履き比べてから購入した。

家にいながら試着できるなんて、いい時代になったものだ。

結論から言うと、俺はUK7(25.5cm)を購入した。

今回はUK6(25.0cm)も同時に取り寄せて履き比べていたんだけど、流石にUK6はつま先が窮屈だった。

左がUK6右がUK7だ。

こうやって見ると大差ないように思えるが、上から見ると大きさの違いが分かる。

ブランドストーンのサイズ感は絶妙で、多分俺にはUK6.5くらいのサイズが適切なんだと思う。

しかし、ブランドストーンのブーツのサイズ展開にUK6.5は存在しない

しばらくそのまま履いていたんだけど、ちょっと足が浮く感じがしたので、今現在は中敷きを入れて履いている

サイズ調節もむずい。

シューズに関してはサイズが大きい分には中敷きを入れて調節できるが、小さかった場合はどうしようもない

指が窮屈で痛い靴なんて履いてられないし、迷ったら大きい方を買うのが正解だ。

ブランドストーンのブーツを2ヶ月履いて分かった「メリット」

ブランドストーンのブーツを2ヶ月履いて分かった「メリット」を紹介する。

具体的には下記3つ。

  1. 圧倒的防水性能
  2. コーディネートを選ばない汎用性
  3. ブーツなのに軽い

土砂降りの日も靴下が濡れない

ブランドストーンのブーツを履く一番のメリットが圧倒的防水性だ。

マジで土砂降りの日でも靴下が濡れない。

雨が染みてくることはもちろん、くるぶし上まですっぽりと隠れる長さのおかげで上から雨が入ってくることもない。

どんなコーデにも合う

そして、コーディネートを選ばず履ける汎用性の高さ

ジャケットやセットアップなど、フォーマルな服装にも、Tシャツやパーカーなどのカジュアルな服装にもマッチする。

長靴と違って子供っぽさがでないし、かといってドレス用の革靴のようにカッチリしすぎることもない。

マジで万能。

ブーツなのに軽い

そして、意外と嬉しいのがブーツ自体の軽さだ。

実は、完全防水ブーツという切り口で考えると「Timberland(ティンバーランド)」など、他にも選択肢はある。

しかし、それらのブーツはどうしても重たい。

一般的なブーツの重さは片足600gほど。走るなんてまず無理。

でもブランドストーンのブーツは片足450g前後で、スニーカー並に軽い

ブランドストーンのブーツは、性能面、見た目、履き心地の全てが優れているブーツなんだ。

【イエローバックスも愛用】ティンバーランドのイエローブーツはダサくない!【サイズ感と履き方】

続きを見る

ブランドストーンのブーツを2ヶ月履いて分かった「デメリット」

基本的に最高すぎるブランドストーンのブーツだけど、履いていくうちに分かったデメリットもいくつかあった。

それが下記2つ。

  • 履き始めは硬い
  • サイズ調整が難しい

詳しく説明していく。

履き始めはレザーが硬い

ブランドストーンのブーツはオイルドレザーを使用しているため、一般的なレザーブーツと比べると履き始めから快適な履き心地を実現している。

とはいえ、レザーなのでスニーカー感覚で履こうとするとギャップに驚くことになる

やっぱり履き始めはアッパーのレザーが硬いし、丈夫な作りゆえにサイドのゴム部分も硬く、脱ぎ履きも一苦労

靴紐がないからサイズ調節が難しい

また、紐で縛ることができないので、サイズ調整が難しい

ぴったりジャストのサイズを選べないと、足がパカパカ浮いたり、逆に指先が窮屈で痛かったりする。

複数サイズ履き比べてから購入するのがおすすめだ。

防水シューズ探しの終着点【ブランドストーンが最強】

今回は、土砂降りにも耐えられる防水ブーツ『ブランドストーン 063』を紹介した。

2ヶ月前に買ってからというもの、雨の日はブランドストーンしか履かなくなった

雨の日は外に出るのが億劫になるが、ブランドストーンのブーツがあるおかげで少なくとも足元がびちゃびちゃになって不快な気分になることはなくなった

雨の日はブランドストーンで決まり

エアフォース1、ダナー、ティンバーランド、色んなシューズを試してきたが、雨の日に履く防水シューズ探しの旅はブランドストーンの購入によって終着点を迎えた。

色々遠回りをしてきたけど、やっとしっくりくる最高のシューズを手に入れることができて俺は大満足だ。

雨の日に履く防水シューズ選びに迷っている人は、是非参考にしてみてほしい。

ブランドストーンは最高だ。

Amazonで買えば複数サイズの試し履きができる!

今回紹介したブランドストーンのブーツだが、最高品質ではあるものの、サイズ選びが難しいという難点がある。

しかし、Amazonの試着購入サービスである「prime try before you buy」を使えば無料で一度に6足まで試すことができる

つまり、購入前に複数サイズをためし履きすることができるのだ。しかも自宅で

自宅でじっくり試し履きできる

もちろん、室内で試し履きすることにはなるが、自宅の落ち着いた環境でじっくり試し履きできるのは嬉しいポイント

ちなみに、取り寄せた商品は全て返品することも可能なので、最悪、足に合わなくてもお金がかかることはないし、リスク0

さらにブランドストーンの公式サイトでは定価26,400円で売られているが、Amazonで買えば5,000円ほど安い21,000円前後で手に入れることができる(もちろん本物)

気になっている人は是非、Amazonの「prime try before you buy」で試し履きしてみてほしい。

prime try before you buyはこちら

【動画レビュー】ブランドストーンの紹介

【予算3万円以内】定番で人気の『サイドゴアブーツ(チェルシーブーツ)』ブランド3選

続きを見る

【イエローバックスも愛用】ティンバーランドのイエローブーツはダサくない!【サイズ感と履き方】

続きを見る

【エアフォース1】雨の日に履く防水スニーカーの頂点。【超おすすめ】

続きを見る

雨にも耐えられる!? 『VANS(バンズ) "THE SHOKUNIN(職人)シリーズ" スリッポンスニーカー』をレビュー

続きを見る

【買って失敗した】防水スニーカー『Danner(ダナー)・リッジランナー2.5』

続きを見る

「ヒゲ脱毛」が最高の自己投資である理由【服よりもメイクよりも脱毛が優先】

今回は、ヒゲ脱毛が最高の自己投資である理由を解説する。 まだヒゲ脱毛に通っていない人は必見だ。 1 ヒゲ脱毛は最高の自己投資2 ヒゲ脱毛のメリット3 ヒゲ脱毛のデメリット4 【写真あり】ヒゲ脱毛に11回通った俺のビフォアアフター5 【部分残しOK】脱毛箇所&薄くするレベルは細かく調整可能!6 【ヒゲ脱毛にかかる平均予算】5万円〜15万円7 【ヒゲ脱毛の痛みについて】麻酔がなくても耐えられるレベル8 服よりもメイクよりもヒゲ脱毛が優先9 迷っている人は「無料カウンセリング」を受けてから判断するべき10 Yo ...

続きを読む

【マイプロテイン】チョコレートブラウニー味を飲んだ感想【ビビるほど美味い】

今回は『マイプロテイン』のチョコレートブラウニー味を飲んだ感想を話していく。 購入を検討している人は是非参考にしてほしい。 1 『マイプロテイン』は美味い2 マイプロテイン『チョコレートブラウニー味』を飲んだ感想3 『マイプロテイン』はコスパが良い4 『マイプロテイン』の飲み方と分量5 『マイプロテイン』の購入方法6 『マイプロテイン』は虫が沸いている?7 『マイプロテイン』は最高のプロテイン! 『マイプロテイン』は美味い この記事で最も伝えたいのは「マイプロテインは美味い」ということだ。 「そんなバカな ...

続きを読む

「モバイル(ポケット)Wi-Fi」から『光回線』に乗り換えた感想と注意点

今回はポケットWi-Fiから光回線に乗り換えた感想と注意点を分かりやすく解説していく。 俺は今回、乗り換えに失敗してもらえるはずだった”5万円”を失ってしまった。インターネット回線の乗り換え系はマジで複雑。 俺の失敗があなたの参考になれば嬉しい。 1 「モバイル(ポケット)Wi-Fi」の回線がゴミすぎた2 「モバイル(ポケット)Wi-Fi」から『光回線』に乗り換えるだけで超ストレスフリー3 失敗しない「モバイル(ポケット)Wi-Fi」から『光回線』への乗り換え手順4 【キャッシュバックで実質導入費0円】お ...

続きを読む

【作らないと損】初めてのクレジットカードは楽天カードがおすすめな理由

今回は初めてのクレジットカードに「楽天カード」をオススメする理由を解説していく。 俺も「楽天カード」を使ってもう5年以上になるが、未だに「楽天カード」を超える最強のクレジットカードは見つかっていない。 1 クソ記事に騙されるな!2 クレジットカードを作るべき理由【現金派が損する理由】3 初めてのクレジットカードには『楽天カード』がオススメ!4 【メリット】楽天カードは『年会費永年無料』5 【メリット】楽天カードは『使うだけで商品が実質1%引きに!』6 【メリット】楽天カードは『貯まったポイントの使い道が豊 ...

続きを読む

【人生損する】脱毛していない女性が「モテない理由」

今回は、脱毛していない女性がモテない理由を論理的に解説する。 たとえ多くの女性から批判を浴びようとも、俺はこの理由を知ってもらいたいし、世の中の多くの男性の声として伝えたい。 1 脱毛してない女性がモテない理由2 「剃り残し」は例えるなら鼻毛の出ている男性3 一目惚れした女性への気持ちが一瞬で冷めた4 たしかに「脱毛」は手間とお金がかかる5 脱毛は「可愛い服」以上に効果がある 脱毛してない女性がモテない理由 ji_eunny__ 脱毛をしていない女性がモテない理由、それは”清潔感がない”と思われてしまうか ...

続きを読む

【2022年】本当に買ってよかったもの12選 - 総まとめ

2022年も沢山のモノを買った。 買った当初はイイなと思っていたアイテムも、使っていくうちに徐々に悪いところが見えてきて疎遠になるのは恋愛と似ている。 そんなわけで、今年も恒例の買ってよかったモノ総まとめ記事を書いていく。 今年はランキングではなく、ジャンル別にまとめて紹介する。 1 モノは少ないほうが良い2 【生活改善】iPhone133 【生活改善】セミダブルベッド4 【生活改善】KIZAWAの折りたたみ傘5 【生活改善】『Moft(モフト)』のPCスタンド6 【ファッション】ブランドストーンのブーツ ...

続きを読む

【ブログで稼ぐ】AFFINGER5導入から1年8か月のPVと収益

ブログで稼ぐならワードプレスを使った方が良い、ワードプレスで稼ぐなら有料テーマを使った方が良いという話は聞いたことがある人も多いと思う。 俺も”とあるブロガー”の影響を受けてワードプレスの有料テーマAFFINGER5を購入した口なんだけど、AFFINGER5を導入したことでどれくらい効果があったのかをリファインマガジンの事例で紹介する。 1 リファインマガジン運営の経緯2 AFFINGER5導入後のPVの推移3 AFFINGER5の導入でブログに本気になった4 AFFINGER5導入後のブログの収益推移5 ...

続きを読む

大学生のうちにヒゲ脱毛を始めておくべき理由

今回は、大学生のうちにヒゲ脱毛を始めておくべき理由を、俺の実体験をもとに解説する。 1 大学生のうちにヒゲ脱毛をしておくべき理由2 ヒゲ脱毛をするメリット3 ヒゲ脱毛をするデメリット4 ヒゲ脱毛は料金が高い?5 学割の適用ができるおすすめクリニック・エステは?6 迷ったら無料カウンセリングを受けてみよう! 大学生のうちにヒゲ脱毛をしておくべき理由 大学生のうちにヒゲ脱毛をしておくべき理由は下記。 社会人より時間に余裕があるので「通いやすい」 「学割」が適用できる 将来やるより今やった方が「見た目のいい時間 ...

続きを読む

【2022年版】人生が好転する!おすすめ自己啓発本ランキング【20代向けベストセラー】

考え方が変われば行動が変わる。行動が変われば人生が変わる。 そんなわけで、今回は俺の人生に多大な影響を与えた自己啓発本をランキング形式で紹介していく。 1 「紙の本を買いなよ。電子書籍は味気ない。」by槙島聖護2 おすすめ自己啓発本ランキング『ホリエモン系』3 おすすめ自己啓発本ランキング『橘玲系』4 おすすめ自己啓発本ランキング『経営者系』5 おすすめ自己啓発本ランキング『インフルエンサー系』6 おすすめ自己啓発本ランキング『コミュ力・見た目系』7 読書は最もコスパの良い自己投資 「紙の本を買いなよ。電 ...

続きを読む

【お洒落すぎる】新大久保ホテルセン / HOTEL CEN【ホカンス】

今回は新大久保のデザイナーズホテル「Cen」をレビューする。 週末に一人で泊まりに行ってきたんだけど、コンクリート打ちっぱなしの壁がお洒落すぎる空間に満足度は120点だった。 1 HOTEL CENを知ったきっかけは『くうかんChannel』さん2 【新大久保】CEN DIVERSITY HOTEL & CAFE【ホテルセン】3 『Hotel Cen』のルームツアー4 『Hotel Cen』の最大の特徴は【コンクリート打ちっぱなしの壁】5 『Hotel Cen』で迎えた朝6 『Hotel Cen』 ...

続きを読む

ホカオネオネのボンダイ6が最強のスニーカーである理由【HOKA ONE ONE BONDI 6】

今回はホカオネオネのボンダイ6が最強のスニーカーである理由を解説する。 1 『ボンダイ6』はあらゆるシーンで活躍する2 『ホカオネオネ ボンダイ6』は元々ランニングシューズ3 『ホカオネオネ ボンダイ6』はダッドスニーカーの草分け的存在4 『ホカオネオネ ボンダイ6』は身長が超盛れる5 『ホカオネオネ ボンダイ6』は超軽い6 『ホカオネオネ ボンダイ6』は安くない7 『ホカオネオネ ボンダイ6』が最強のスニーカーである理由 『ボンダイ6』はあらゆるシーンで活躍する 俺は『ボンダイ6』のヘビーユーザーだ。 ...

続きを読む

【雨の日に】土砂降りにも耐えられる防水ブーツ『ブランドストーン』レビュー

今回は土砂降りにも耐えられる防水ブーツ『ブランドストーン』を紹介する。 なんだかんだ言って日本は雨大国だ。 せっかくお洒落してでかけても、靴の中に雨が染み込んできたらテンション爆下がり。 ブランドストーンのブーツを手に入れたことで、俺はこの不快感に襲われる心配から開放された。 1 土砂降りに耐えられるスニーカーはない2 ブランドストーンのブーツなら土砂降りにも耐えられる3 ブランドストーンとは?4 『ブランドストーン ブーツ BS063089』のレビュー5 ブランドストーンのブーツのサイズ感について6 ブ ...

続きを読む

-スニーカー, ファッション, ライフスタイル, 生活改善, 買ってよかったもの
-, ,

© 2023 リファインマガジン Powered by AFFINGER5