憧れのイージーブースト350v2を遂に購入!『YEEZY BOOST 350 V2 MX ROCK』を購入した感想とサイズ感レビュー

『イージーブースト350V2』失敗しないサイズ感の選び方

続きを見る

今回は遂に憧れの「イージーブースト350v2」を手に入れたからサイズ感もろもろ含めてレビューしていく。

けーすけです。インスタTwitterYouTubeもやってます。

イージーブーストはダサい?!そんなの関係ねぇ(小島よしお風)

昨今「イージーブーストのオワコン化」が叫ばれている。「イージーブーストはヤンキーしか履かない説」まで登場する始末だ。

実際、これらはほぼ正解だ。新作が発表されるたびにアディダスの購入ページがパンクしていたあの頃の盛り上がりは見る影もない。

さらになぜか”ヤリラフィー”と呼ばれる怖そうなお兄さんたちが好んで履くようになってしまったからイージーブースト=治安が悪い的なイメージが定着してしまった。マジで勘弁してほしい。

いつの間にかダサいスニーカー扱いされている

※写真はイメージです

イージーブースト350自体は近年のスニーカーブームを牽引した最高のスニーカーなのに、いつの間にかダサいというイメージがついてしまったのは嘆かわしいことだ。

でも、そんなの関係ねぇ!!!(小島よしお風)

いくらダサいとかヤンキー趣味とか言われようが、俺はイージーブースト350のデザインが好きだし、履き心地に魅力を感じている。

時代に逆行していたとしても、3万円払って購入する価値があるスニーカーだと俺は思う。

YEEZY BOOST(イージーブースト)350が人気だった理由 & サイズ感・履き心地・ダサい!?

続きを見る

【最新版】イージーブースト350(YEEZY BOOST 350 V2)の購入方法

最新のイージーブースト350の購入方法を紹介する。

公式アプリ「CONFIRMED」で抽選して購入

人気は随分と落ち着いたがイージーブースト350の購入方法は相変わらず抽選だ。

とはいえ俺はこの抽選システムに対して肯定的だ。

発売当初は早い者勝ちだったから、遅すぎる自分のネット回線を心底恨んだものだ(笑)

最近は人気も下火だし、なんとなく「抽選したら当たるんじゃね?」的な半ばくじ引きの運試し感覚で応募してみたらマジで当選した。

「あ、イージーブースト350って買えるスニーカーなんだ」と思ったのと同時に、少し寂しさをおぼえたのはここだけの話。

『YEEZY BOOST 350 V2 MX ROCK』の開封

当選から2日後、遂に俺の元にあの”イージーブースト350”が届いた。

ドキドキが止まらない。

無駄な色使いがなくシンプルなこのパッケージがマジでカッコいい。

ベトナムのパチモンスニーカー街かYouTubeのレビュー動画の中でしか見たことがない”YEEZY”の箱が俺の手元にあるということ自体に興奮を隠しきれない。

ワクワクしながら箱をスライドさせる。

そして、念願のイージーブースト350が紙の包装紙をから顔を出した。

ゴツさが特徴的なの唯一無二のシルエット。

見ているだけでワクワクする。

まさに”履けるアート作品”って感じだ。

『YEEZY BOOST 350 V2 MX ROCK』の詳細レビュー

カッコ良すぎる『YEEZY BOOST 350 V2 MX ROCK』の詳細レビューをしていく。

どの角度から撮っても美しい。

今回のモデルはこれまでにない土色を混ぜ込んだ迷彩柄。

リフレクティブ素材が編み込まれているのも特徴だ。

このベッタリとした甲が低いシルエットが好きなんだよなぁ。

イージーブースト350は”ケツ”が美しい

イージーブースト350v2シリーズの特徴は何といっても美しい”ケツ”だろう。

ポコっとした丸みを帯びたボリューミーなケツがたまらない。

「BOOSTフォーム」の知名度を世に知らしめた

今でこそ珍しくなくなった「BOOSTフォーム」だけど、イージーブースト350v2はその先駆けだったと思う。

イージーブーストの”ブースト”は「BOOSTフォーム」のことを指している。

イージーブースト350がバズりにバズったおかげで「BOOSTフォーム」は注目を浴びるようになったと言っても過言ではないはず。

くり抜かれたソールから顔を出すブーストフォームがたまらない

この絶妙に顔を覗かせいてるブーストフォームの感じがたまらなくカッコいいんだよなぁ。

歩き姿を後ろからみたとしても、靴底にこのシルエットが見えたら一発でイージーブースト350と分かる。

ぶっちゃけ間近で見ると本当に発泡スチロールにしか見えない。

この感じでadidasの最新テクノロジーが詰まっているんだから不思議よな。

トカゲのようなゴツさ

上からみたシルエットだが、トカゲのような、爬虫類のようなゴツさがある。

表現が合っているか分からないけど、こういうゴツゴツしたシルエットが好きな男性は多いはず。

このやんちゃなシルエットが”ヤ○ラフィー”に好まれる要因になっているのかもしれない。

イージーブースト350v2のサイズ感『YEEZY BOOST 350 V2 MX ROCK』

ネットのレビューでは小さめ、という声が多い「イージーブースト350v2」だが、想像以上に小さめの作りだった。

俺は普段27.5cmのスニーカーを履いていることが多いんだけど、「イージーブースト350v2」に関しては28.0cmでピッタリだった。

スニーカーは親指の先から1cmほど隙間が空いているのが理想。

写真を見てもらえば分かると思うけど、まさにこれがジャスト。

イージーブースト350v2の作りは小さめ!!

横の幅に関してもタイトめの作りだった。

特に指先の部分はかなり狭いから、マイサイズ+0.5もしくは1.0サイズアップで購入するのがおすすめだ。

大きめで買って大正解!!

クドいけど、イージーブースト350v2を購入するときは普段履いてているスニーカーよりも大きめで購入してほしい。

俺も普段通りの27.5センチで購入していたら指先が当たって詰んでたと思う。

イージーブースト350v2の履き心地『YEEZY BOOST 350 V2 MX ROCK』

ここからは『YEEZY BOOST 350 V2 MX ROCK』の履き心地を検証していく。

たしかに「ふわふわ」だが・・

実際に外を歩いてみて思ったが、確かに履き心地はふわふわとしていて柔らかいマットレスの上を歩いているようだが、それがイコールで履きやすいかと問われると別にそうでもない。

ふにゃふにゃしすぎて地面を捉えにくいというか、指で地面をグリップできない感覚に陥る。

何となくのイメージでソールの柔らかさに比例して履き心地も良くなるもんだと思っていたけど、どうやらそういうことではないようだ。

実際、ナイキのエアファース1にしても、ニューバランス990にしても、履き心地は良いけどソールが柔らかいわけではない。完全に盲点!

プライムニットの恩恵はそんなに感じない

イージーブースト350の魅力は袋状に編まれたプライムニットにあると言っても過言ではない。

日本の昔懐かしき履き物「足袋(タビ)」を彷彿とさせるデザインがたまらない。

しかし、プライムニットの特性について俺は大きな勘違いをしていた。

プライムニットの魅力は「伸縮性」ではなく、「軽量性と通気性」なのだ。

そして、個人的にはその魅力をそんなに感じることができなかった。「ゴワゴワした硬めの生地だな、」くらいにしか思えない。

イージーブースト350の魅力を語る際に”プライムニット”は大したアピールポイントにはならなそうだ。

購入前にイージーブースト350v2のサイズ感を試す方法

ご存知の通り、イージーブースト350v2はオンラインで抽選販売されて返品は不可能という販売方法が取られている。

故に購入前に試着してサイズ感を確かめることはできない。

さらに、イージーブースト350v2は通常のスニーカーに比べてサイズ選びが難しい。

基本的に小さめに作られているから、普段通りのスニーカーのサイズで買うと失敗する。

サイズの合わないスニーカーなんて足が痛くて履いてられない。いくらカッコ良くても早々にタンスの肥やしになってしまう。

それはあまりにも勿体ない。

ブランド古着屋で過去モデルを試着しよう!

購入前にイージーブースト350v2のサイズ感を試す方法が一つだけある。

それが「ブランド古着屋で試し履きすること」だ。

普段履いているスニーカーのサイズで履いてみるといかにイージーブースト350v2が小さめの作りなのか分かる。

実際に今回『YEEZY BOOST 350 V2 MX ROCK』を購入するにあたって、おれは事前に渋谷のブランド古着屋「カインドオル」さんで前後サイズを含めて試し履きしてきた。

5年前は幻のスニーカーだったイージーブースト350v2も、今では古着屋のスニーカーコーナーに普通に並んでいる”ちょっとお高いスニーカー”に成り下がっている。

これは全然マイナスではなくて、むしろ良い傾向だ。市場に出回る量が増えたから、鍵付きのガラスケースに入ることもなく、古着屋の入り口に乱雑に置かれたイージーブースト350v2を心置きなく試し履きすることができた。

イージーブースト350v2は「履くアート作品」

今回は長年の憧れであった『YEEZY BOOST 350 V2』を購入してレビューしたわけだが、俺の中でとある結論が出た。

それは「イージーブースト350V2はアート作品である」ということだ。

類稀なるデザイン性とブランディングによってプレミアムスニーカーの頂点として一時代を築いた『YEEZY BOOST 350 V2』だが、その履き心地に関しては想像以上に普通だった。

むしろ単純に履き心地だけをみたらその辺の靴屋に売っている運動靴の方が良い気がする。

あくまでも『YEEZY BOOST 350 V2』はカニエ・ウエストが創り出すアート作品であって、履き心地うんぬんというものではないのかもしれない。

『YEEZY BOOST 350 V2』という作品に共感できるか

イージーブーストはダサい、オワコンという声があるのは事実で、実際、以前ほどの人気はない。さらに今回実際に購入してみて履き心地の面でも別にもっと履き心地の良いスニーカーなら他にもあるなと感じた。

しかし、買うか買わないかの判断軸はそこではない。

『YEEZY BOOST 350 V2』というアート作品に魅力を感じるかどうかが全てであり、それは購入後、実際の履き心地を知った今でも変わらない。

税込30,800円とスニーカーにしては非常に高価で購入には勇気がいるスニーカーだが、それでも購入する価値はあると思うし、俺は非常に満足している。

YEEZY BOOST(イージーブースト)350が人気だった理由 & サイズ感・履き心地・ダサい!?

続きを見る

【2021年版】奇抜!!ダサいを通り越してカッコいい!?最新のYEEZY(イージー)シリーズを紹介!

続きを見る

再販されたせいで価値が下がったイージーブースト350まとめ【ゼブラ・ベルーガ・トリプルホワイト】

続きを見る

【検証】ベトナムで買った偽物の『イージーブースト350v2』と本物を履き比べてみたら意外な結果に!!

続きを見る

【2021年版】『買ってよかったもの』ランキング・ベスト8

今回は2021年に買ってよかったものランキングということで8つのアイテムを紹介していく。 1 8位 アンカーのモバイルバッテリー2 7位 スタバの(サーモス製)タンブラー3 6位 ピッタマスク4 5位 楽天で見つけたビジネスリュック5 4位 無印良品のリュックサック6 3位 JINSのカラーレンズメガネ7 2位 バンズのスリッポン8 1位 昇降デスク 8位 アンカーのモバイルバッテリー 「スマホのバッテリー残量=ライフゲージ」になってしまった現代においてモバイルバッテリーは欠かすことが出来ない必須アイテム ...

続きを読む

NERDY(ノルディー)の紫ジャージを買った感想【サイズ感レビュー】【韓国ファッション】

数年前から韓国アイドルを中心に人気が爆発しているファッションブランドNERDYをご存知でしょうか? ユニークで大胆なカラーが特徴的な”お洒落ジャージ”が有名です。 韓国ファッションが好きな方や、韓国アイドルが好きな人は、一度は見たことがあると思います! 今回は最も定番のアイテムである「NY トラック トップ パープル / イエロー / NY Track SET Purple / Yellow」を購入したので質感やサイズ感を着画を交えてレビューしていきます。 1 NERDY(ノルディー)とは2 今回購入した ...

続きを読む

BTSの新曲「BUTTER(バター)」着用衣装のブランドまとめ

今回は世界的アイドルグループBTSが5月21日に発表した新曲「BUTTER(バター)」のメンバー着用衣装をまとめた。 BTSといえばおそらく世界人口の7割が知っているであろう超絶人気グループ。そんな彼らの新曲は5日で2億回も再生されている。 もはやBTSと聞いただけで条件反射でグッドボタンを押してしまう(笑)そんな彼らのMV衣装がカッコよくない訳がない。 1 BTS公式MVでの着用衣装2 BTS公式MVでの着用衣装【ジャージ編】3 憧れのアイドルと同じ服を買える!金さえあれば。 BTS公式MVでの着用衣装 ...

続きを読む

ユニクロで韓国ファッションを作るコツ【メンズコーデ】

今回はユニクロで韓国ファッションを作るコツを解説していく。 使うのは日本全国どこにでもあるユニクロのアイテムだけだから再現性はかなり高いはず。 1 韓国風ファッションとは2 ユニクロで揃える韓国コーデ3 モテファッションの究極系4 YouTube動画 韓国風ファッションとは @92_hyungseok 本当の韓国ファッションはシンプルかつラフ。 巷ではド派手なトップスやGUCCIのベルト、厚底盛り盛りスニーカーが韓国風ファッションとして取り上げられている気がするけど、それは”韓国アイドル風ファッション”だ ...

続きを読む

BBクリームと日焼け止めの存在意義を揺るがす!【無印良品の毛穴カバーUVメイクアップベース】

今回はBBクリームと日焼け止めの存在意義を揺るがす無印良品の「毛穴カバーUVメイクアップベース」を紹介する。 俺はここ2年ほどずっと使っている商品で、おそらくこれからも使い続ける。 1 メンズがBBクリームを使う理由2 BBクリームよりも無印良品の「毛穴カバーUVメイクアップベース」をおすすめする理由3 無印良品の「毛穴カバーUVメイクアップベース」のレビュー4 メンズも日焼け止めを使うべき理由5 無印良品の「毛穴カバーUVメイクアップベース」が最強 メンズがBBクリームを使う理由 メンズがBBクリームを ...

続きを読む

YEEZY BOOST(イージーブースト)350が人気だった理由 & サイズ感・履き心地・ダサい!?

2016年から2017年にかけて爆発的な人気を誇った伝説のスニーカーがある。 発売と同時に完売するのは当たり前、メルカリでは定価の3倍の価格にも関わらずバンバン売れていた、伝説のスニーカーが「イージーブースト350」である。 今回はそんな「イージーブースト350」について、今更ながら特集する。 1 羨望の眼差しと大衆化の波2 なぜイージーブースト350はあれほど人気だったのか3 イージーブースト350人気モデルランキング4 イージーブーストはオワコン?時代遅れ??5 そもそもカニエ・ウェストって?6 実際 ...

続きを読む

【メンズコスメ】メンズメイクに最適な色付きリップクリーム

https://www.nivea.co.jp/highlights/lip-rich-care-and-color 結論、メンズメイクに最適な色付きリップクリームは「ニベア リッチケア&カラーリップ シアーレッド」だ。 メンズメイクに初心者が手を出すべきアイテムがBBクリームだとするなら、リップクリームは中級者向け。 BBクリームを始めとするベースメイク用のアイテムは沢山紹介されているけど、案外”唇”について触れているコンテンツは少ない。 この記事を読めば今日からあなたもメンズメイク中級者!(たぶん) ...

続きを読む

【ブログ戦略】記事内広告の導入で広告収益が5倍になった件

今回は記事内広告を導入したことでブログの広告収益が5倍になった件について話していく。 1 記事内広告の導入で広告収益が5倍になった2 記事内広告のクリック率は異常に高い3 記事内広告は手動で入れるしかない4 最適な記事内広告の挿入方法5 知識の差が明暗を分ける 記事内広告の導入で広告収益が5倍になった 結論、このリファインマガジンは記事内広告を導入することで広告収益が5倍になった。 PV数の差はたった3,200PV。収益の差は驚異の5倍! 8月のリファインマガジンのPV数は10,300PVで収益が400円 ...

続きを読む

イソップの店舗で買い物をするというエンタメ【Aesop】【オンラインでは巾着が貰えない?】

新型コロナウイルスの影響もあって、インターネット通販の市場が急拡大している。 一年前は近所の店舗まで買いに行っていた日用品ですらインターネット通販で購入するのが当たり前になりつつある昨今で平日も並びが発生するほどの人気を博しているスキンケアブランドがある。 それが、オーストラリアに本社を構えるグローバルスキンケアブランド「Aesop(イソップ)」だ。 今回はそんなイソップの自由が丘店にお邪魔してきたのだが、その圧倒的に丁寧な接客に衝撃を受けたので記事にしていこうと思う。 1 イソップはブランドの世界観を売 ...

続きを読む

【メンズにおすすめ】無印良品の化粧水と乳液【つけるタイミングと使い方】

乾燥する冬は絶対に行うべきメンズのスキンケアについて紹介する。男だから大丈夫とか、そんな時代はとっくに終わっている。 「安い」「安心」「安全」で、どこでも買える無印良品の化粧水と乳液は無印良品で買える。 1 スキンケアを怠るとどうなるのか2 【無印良品 敏感肌用 化粧水•乳液】を使った感想3 無印良品の化粧水•乳液は展開が豊富4 高保湿タイプ・しっとりタイプ・さっぱりタイプ5 つけるタイミング•使い方6 化粧水の役割7 化粧水は質より量が重要8 乳液の役割9 乳液は必要ない?10 お気に入りポイント11 ...

続きを読む

【エアフォース1】雨の日に履く防水スニーカーの頂点。

今年もそろそろ梅雨の季節がやってくる。 四季がはっきりしているのが日本の魅力であり、悩みの種でもある。 今回は俺が23年かけて辿り着いた「 防水スニーカー」の最適解を紹介する。 1 エアフォース1を履けば全て解決2 シンプルで洗練されたデザイン3 蒸れない漏らない4 軽やかな履き心地5 身長が盛れる6 お求めやすい価格7 いつでもどこでも手に入る8 ブラックカラーがオススメ9 【注意点】慣れるまで固い10 トップ・オブ・防水スニーカー エアフォース1を履けば全て解決 結論、エアフォース1を履けば全て解決す ...

続きを読む

-スニーカー, ファッション
-, , , , , ,

© 2022 リファインマガジン Powered by AFFINGER5